「海賊と呼ばれた男」
*本にも映画にもなっています〜是非ちぇけらっちょ。

イランで新たな旅をスタートした2013年、この本に出会いました。全く何の知識も持たずスタートしたイラン野球の旅。自分が置かれた立場、野球界の状況、果てしなく答えのない旅の始まりでした。

 
*写真は2015年の西アジアカップ「イラン代表強化合宿」

そんな時に出会ったこの本は、私が日本人であることに誇りを与え、この地で生き抜く勇気と覚悟を与えてくれました。

様々な利権による圧力を、自らの武器(結果)で答えを導き出し続ける姿に、侍の生き様を垣間みました。そして、間髪いれずに起こり続ける問題に、本質に向き合うことで解決していく姿は、正にプロフェッショナル。

そして香港へ向かう飛行機の中、この映画版に食い入ってしまいました。

国岡鐵三の勇気と覚悟ある決断に、各部署が期待値以上の答えを出す。この国岡鐵三の想いが細部へいき届くマネジメントの根底には、本物の愛や情熱といった形や表現に出来ない「日本人の心」が生きている様な気がしました。


*西アジアカップの会場であるパキスタンへ向かうイラン野球代表団

香港野球を生まれ変わらさせる為、細部までマネジメントを浸透させなければならないと思っています。香港野球代表団を強化する上で私が実践したい作業を、この映画では異なるフィールドで、より大きな世界を相手に表現されていました。決して日本の文化や考えを押し付ける訳では御座いませんが、私の想いを唯一表現出来るのは選手であり、この「魂が生きるマネジメント」を私は目指しています。

そこには常に
「正直さ、尊敬、そして情熱」が無くてはなりません。選手が持つ能力を最大限引き出す為に、先ずはこの想いを引き出すのが私の仕事です。

この想いを引き出せれば、それぞれの場面を己の強みで突破出来ると信じています。

男の中の男になる為、折れることなく決断と実行力で突破してみせます。

とりゃ!!

PEACE✌︎

TOMA



色川冬馬BLOG一覧 Podcast一覧

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です