360ネットワークニュース

政治の思惑絡み監督の不在相次ぐ/第71回カンヌ国際映画祭報告(4)

【齋藤敦子(映画評論家・字幕翻訳家)=フランス・カンヌ】ある視点のオープニング・セレモニーで、ティエリー・フレモー総代表から発表になったことがもう1つありました。それはコンペに『夏』を出品しているロシアのキリル・セレブレ […]

Read More

五月革命から50年。記念の年にゴダールの新作「イメージの書物」/第71回カンヌ国際映画祭報告(3)

【齋藤敦子(映画評論家・字幕翻訳家)=フランス・カンヌ】11日午後、映画ファン待望のジャン=リュック・ゴダールの新作、『イメージの書物』の正式上映が、翌12日に記者会見が行われました。今年2018年は、フランス全土をゆる […]

Read More

東京フィルメックスの存続決まる。木下グループが支援/第71回カンヌ国際映画祭報告(2)

【齋藤敦子(映画評論家・字幕翻訳家)=フランス・カンヌ】オープニングの翌日の9日午後、フランスの映画製作・配給会社MK2のオフィスで、海外の映画祭関係者、日本のジャーナリストを招き、新生・東京フィルメックスについて、市山 […]

Read More

上映時間の変更などめぐり波乱含み/第71回カンヌ国際映画祭報告(1)

【齋藤敦子(映画評論家・字幕翻訳家)=フランス・カンヌ】第71回カンヌ国際映画祭が7日夜、オープニング作品『エヴリボディ・ノーズ(誰もが知っている)』の上映から始まりました。 『エヴリボディ・ノーズ』は、イランのアスガー […]

Read More

宮城県丸森町の「廃墟型商業施設」が最高に湿っぽくてクリエイティブ

【文・写真/佐々木佳通信員=宮城県丸森町】そこはとにかくボロボロで、湿っぽく、ちょっと涼しい。宮城県の最南端、丸森町耕野(こうや)地区に5月26日、廃墟型商業施設と銘打った新スポット「もりや」がオープンする。打ち捨てられ […]

Read More

駄菓子屋さんを抜ければそこはギャラリーだった 家族経営の仙台の複合施設

【文・写真/渡邉貴裕通信員=宮城県仙台市】仙台市宮城野区五輪の閑静な住宅街にギャラリー「チフリグリ」があります。一見、二階建ての住宅兼店舗の中にあり、アーティストでもある井上佳代子さん(38)が運営しています。この建物に […]

Read More

犬と猫の「お鷹ぽっぽ」絵付けできるワークショップ開催 山形

【文・写真/黒田あすみ通信員=山形県山形市】山形県米沢市笹野地区で発祥し、千数百年に渡って伝承されてきた「お鷹ぽっぽ:正式名称 笹野一刀彫(ささのいっとうぼり)」は、野生のコシアブラの木を素材に、サルキリと呼ばれる刃物で […]

Read More

震災を機に、寿司職人見習いから創作料理の道へ 仙台・キッチン八木山

【文・写真/萩野暁通信員=宮城県仙台市】7年前の東日本大震災は想像を絶する津波被害をもたらし、人々の運命を変えた。仙台市中心部に近い住宅地、八木山地区で創作料理を専門とする「キッチン八木山(やぎやま)」を経営している阿部 […]

Read More

鯉のぼりと空を泳ぐ「うなぎ」と「なまず」岩手県北上市のナゾに迫った

【文・写真/古山裕二通信員=岩手県北上市】「北上市では、鯉のぼりにうなぎも泳がせているらしいと聞いたのですが」と電話で問い合わせたところ、「うなぎだけじゃないよ。なまずも泳がせているんだから―」。なぜ、あの黒い姿のうなぎ […]

Read More