360ネットワークニュース

犯罪多発地域に迫るラジ・リ監督の「レ・ミゼラブル」/第72回カンヌ国際映画祭レポート(2)

【齋藤敦子(映画評論家・字幕翻訳家)=フランス・カンヌ】華やかな開会式の翌日、フランス期待の新人、ラジ・リ監督の『レ・ミゼラブル』が上映されました。“レ・ミゼラブル”というと日本ではミュージカルで有名ですが、元はフランス […]

Read More

ジャームッシュ監督の「デッド・ドント・ダイ(死者は死なない)」で開幕/第72回カンヌ国際映画祭レポート(1)

【齋藤敦子(映画評論家・字幕翻訳家)=フランス・カンヌ】第72回カンヌ国際映画祭が14日夜、ジム・ジャームッシュの『デッド・ドント・ダイ(死者は死なない)』の上映から開幕しました。今年は、この作品をカンヌのオープニングと […]

Read More

「誰かのために何かをする人」をゲストに/コミュニティ放送局「エフエムたいはく」の場合(下)

鈴木はるみさん(56)がパーソナリティをつとめる番組は「鈴木はるみのソーシャルで行こう!」です。毎週火曜の午後8時から放送されます。誘われてパーソナリティになって以来、今年で9年目に入りました。毎回、ゲストを招いてそのと […]

Read More

「市民が主役」を合言葉に/コミュニティ放送局「エフエムたいはく」の場合(中)

【佐藤和文=メディアプロジェクト仙台】 エフエムたいはくの運営会社、エフエムたいはく株式会社の代表取締役野田紀子さん(70)に話を聞きました。 前回記事「多様な自主制作軸に地域と歩む」はこちら→http://tohoku […]

Read More

多様な自社制作軸に地域と歩む/コミュニティ放送局「エフエムたいはく」の場合(上)

【佐藤和文=メディアプロジェクト仙台】地域密着と市民参加を掲げているコミュニティ放送局(FMラジオ)を聴いたことはありますか?大手のラジオ放送に比べて電波が届く範囲は狭いのですが、インターネットを利用できれば世界中どこで […]

Read More

日本でここだけの道路標識!?「愛猫を守りたい」飼い主の思い

【阿部哲也通信員=仙台市青葉区】白黒ネコの伊太(いた)ちゃんは白内障で右目がほとんど見えない。車が近づいても気づかず逃げないでいることもあるという。不安になった飼い主の今井のりこさんは、運転者に配慮をお願いするため、2~ […]

Read More

【バリ・ウブド村通信(16)】心と身体をつなぐヨガ体験はいかが?

【光森史孝=バリ・ウブド村】今日は、ヨガのお話です。バリ島は「神々の住む島」といわれ、島全体にパワースポットがあるそうですが、とりわけスピリチャルな人やアーティストが最も多く集まるのがウブドです。そのせいか、このところ、 […]

Read More

8年間通い続けた被災地 背の曲がった73歳のボランティア

【相沢由介=福島県浪江町】すっかり曲がった背中。ヨレヨレの衣服。両手に下げたコンビニ袋に新聞記事の切り抜きを突っ込み、素足にサンダル履きでと歩く「ヨーコさん」(73歳)の身なりは、はじめ浮浪者のそれを連想させた。「浪江町 […]

Read More