連載

古き伝統、家族愛。フィリピン・アルセニャス監督の「ある肖像画」/第30回東京国際映画祭レポート(2)

【齋藤敦子(映画評論家・字幕翻訳家)=東京】30回目の記念の年を迎えた東京国際映画祭が、10月25日から11月3 昨年のアジアの未来部門はミカイル・レッド監督の『バードショット』という、西部劇風の風変わりなフィリピン映 […]

Read More

アジアの未来、石坂健治プログラミング・ディレクターに聞く/第30回東京国際映画祭レポート(1)

【齋藤敦子(映画評論家・字幕翻訳家)=東京】30回目の記念の年を迎えた東京国際映画祭が、10月25日から11月3日まで、TOHOシネマズ六本木ヒルズを主会場に開催されています。今年は、アジアの若手監督が作品を […]

Read More

【東北異景】縄文パワーが生み出した巨大モニュメント 小牧野遺跡(青森市)

【写真企画・東北異景⑧】縄文パワーが生み出した巨大モニュメント 小牧野遺跡(青森市) 【写真・文/佐瀬雅行(写真家)=青森市】北向きの緩やかな斜面を覆う芝の間に白っぽい石が連なり、巨大なサークルを描き出す。以前から気にな […]

Read More

口先だけの博愛主義を批判 「スクエア」にパルムドール/第70回カンヌ映画祭報告(3・完)

【齋藤敦子(映画評論家・字幕翻訳家)=フランス・カンヌ】5月28日に授賞式が行われ、下記のような受賞結果になりました。  誰もが驚いたのはリューベン・オストルンドの『スクエア』がパルム・ドールを受賞したことでした。主人公 […]

Read More

89歳と34歳のドキュメント/第70回カンヌ映画祭報告(2)

【齋藤敦子=フランス・カンヌ】今年カンヌ映画祭は70周年を迎えました。60周年のときには映画祭が世界各国の映画監督に依頼し、自分と映画館の関わりを短編にした「それぞれのシネマ」が製作されましたが、70周年の今年はそんな特 […]

Read More

Netflix問題と映画の未来/第70回カンヌ映画祭報告(1)

【齋藤敦子(映画評論家・字幕翻訳家)=フランス・カンヌ】5月17日の夜、アルノー・デプレシャンの『イスマイルの亡霊』の上映から第70回カンヌ国際映画祭が開幕しました。初日の最大行事はオープニング・セレモニーとオープニング […]

Read More

【東北異景】悲劇の地に佇む螺旋の迷宮 会津さざえ堂

写真企画「東北異景」第6回 悲劇の地に佇む螺旋の迷宮 会津さざえ堂(福島県会津若松市) 【写真・文:佐瀬雅行=写真家】久しぶりに会津若松を訪ねたのは3月下旬。まだ、会津盆地に春の気配は感じられない。雪交じりの寒風が吹きつ […]

Read More