まちニュース360

満開の桜の下で育つ、支え合いの地域コミュニティ 牡鹿半島

【文・写真:安藤歩美=石巻市寄磯浜】宮城県各地で桜の花が満開となり、見頃を迎えている。石巻市寄磯浜に建つ崇徳寺では敷地内の樹齢100年以上のしだれ桜が見頃となり、13日に石巻市牡鹿地区の住民同士の助け合い団体「寄らいん牡 […]

Read More

【東北異景】悲劇の地に佇む螺旋の迷宮 会津さざえ堂

写真企画「東北異景」第6回 悲劇の地に佇む螺旋の迷宮 会津さざえ堂(福島県会津若松市) 【写真・文:佐瀬雅行=写真家】久しぶりに会津若松を訪ねたのは3月下旬。まだ、会津盆地に春の気配は感じられない。雪交じりの寒風が吹きつ […]

Read More

ツイッターで人気「おいでよ宮城」さん、春から東京へ 宮城を発信し続ける思い

【若栁誉美=仙台市】短文投稿サイト「ツイッター」に、非公式で地域を応援するアカウントが存在する。「◯◯においでよ」(◯◯には地名が入る)の名称で地元の情報を発信しており、東北六県の県名を冠したアカウントから「釜 […]

Read More

スマホ片手に短編映画撮影 舞台は「駅裏」と呼ばれた仙台駅東口

【渡邊真子通信員=仙台市】知人からのすすめで見たリーフレットの見出しに思わず惹きつけられてしまった。「日常映画化計画!『第一回東口映画セイサク会議』~東口の短編映画を作ろう!~」 東口とは、近年急速に発展しているJR仙台 […]

Read More

【今に息づく伊達文化を訪ねて】③正調さんさ時雨

   昨年秋、仙台市の沿岸部に住んでいて津波で被災した80代の男性に取材したときに聞いた言葉が耳に残った。「青年団の集まりでみんなで酒飲むと、必ずさんさ時雨うたったもんだなあ」 宮城県を代表する民謡のひとつ「さんさ時雨」 […]

Read More

山形の魅力発信に「シンガポールの感性」を導入 共同で製品開発

【中野宏一=山形県山形市】東北地方の素材と、シンガポールの感性を組み合わせて、新しい商品を開発しようという試みが、山形県で行われている。今年1月には実際にシンガポールのデザイナーが来日し、山形県の工房を視察した。山形県の […]

Read More

あの歌をもう一度 飛び入り歓迎「フォーク酒場」仙台・Want You

 フォークソングの魅力を知る人たちが集まり、演奏して楽しむ酒場が東北地方最大の夜の街、国分町の一画にあります。2011年3月11日の東日本大震災のため客足が途絶え、一時は閉店も考えたそうですが、多くの音楽ファンに支えられ […]

Read More

【今に息づく伊達文化を訪ねて】②石州流清水派宗家

 ★第一回はこちら  伊達文化を色濃く伝える茶道の流儀がある。石州流清水派だ。江戸時代、将軍家を始め、全国の諸大名の茶道(大名茶)として広まった石州流。清水派は仙台藩の茶道として確立され、全国各藩に弟子を持つなど、仙台だ […]

Read More