まちニュース360

「はにわ」が自分で作れる!郡山の古墳ではにわ作り

 古墳から出土する、人や動物などをかたどった「はにわ」。教科書や博物館などで見ることしかできなかった「はにわ」を、なんと自分で作ることができる場所があるという。噂を聞いた記者はさっそく現地に駆けつけ、自分の手による「はに […]

Read More

市民活動の現場をのぞく「大人の社会見学」仙台で開催

「市民活動おじゃましまーす!」とは、市民活動の現場をめぐるイベント「仙台ちょっとまち歩き」のパンフレットのタイトル。仙台市民活動サポートセンター(通称・サポセン)の主催で、3時間という短時間に3カ所以上の市民活動の現場に […]

Read More

被災した町内会が自ら編集した「復興5年史」発行 仙台・南蒲生

 東日本大震災から丸5年が過ぎ、時間の経過と共に震災の記憶が薄れていってしまう中、仙台市の東沿岸部に位置する宮城野区南蒲生(みなみがもう)町内会では、これまでの復興の過程を後世に残そうと、町内住民が中心となって『南蒲生復 […]

Read More

道端で出会った奇妙な植木「グリーンモンスター」の謎に迫った

「グリーンモンスター」との出会い  8月の出来事。車に乗っていて道を間違え、軌道修正しようと入り込んだ横道で、奇妙な形をした植木に遭遇した。背丈は2m半ぐらいだろうか、大きく茂ったその植木は、緑のお腹の部分にオレンジ色の […]

Read More

サンマやキチジの舞い踊り?空中水族館が塩釜にお目見え

 港を利用する旅客のためのターミナルビル「マリンゲート塩釜」(宮城県塩釜市)。エントランスホールに入ると、サンマにキチジ、マトウダイの群れ約300匹が悠々と空中を泳いでいる。いつの間に水族館ができたのか?実は、東北学院大 […]

Read More

市民と美術品、出会いの「仲人」 仙台でひとりの男性が開いたギャラリー

市民が美術に触れる場所といえば、やはり美術館や博物館が思い浮かぶ。しかし、仙台の街中にはふらっと立ち寄れる場所、美術を扱うギャラリーもあるのだ。あるひとりの男性が美術と市民をつなぎたいと願って開いた、明るく落ち着いた空間 […]

Read More

古地図や古写真で、まちの記憶と人をつなげる 佐藤正実さん

古い地図や写真、映像を収集・保存し、ひとの記憶を呼び起こす素材として活用する。記憶の中によみがえる生活はいつしかまちの思い出と重なり、ひととの語らいを通じてそこにあったまちの姿を浮かび上がらせる。かつてのまちの姿を知り、 […]

Read More

インバウンド増へ、登米市で外国人留学生のモニターツアー

 どうしたら地域に人を呼び込めるか?外国人旅行客はどんな所に魅力を感じるのか?少子高齢化時代の地域活性化の切り札として、全国的にインバウンド(訪日外国人客)の誘致への期待が高まっている。そんな中、身近な地域に暮らす外国人 […]

Read More

東北学院大が仙台都心に新校舎 学習支援の強化と地域交流で生き残り図る

 東北学院大学は12日、仙台市青葉区の土樋キャンパスに新校舎「ホーイ記念館」を開館する。5日にはオープニングセレモニーが開かれ、大学関係者や報道陣に施設内が披露された。IT環境を整え、地域社会との交流促進を図る空間づくり […]

Read More