360ネットワークニュース

「ゆっくりすごす」自立支援の意味  仙台の路上から考える

【松村翔子通信員=宮城県仙台市】NPO法人仙台夜まわりグループは毎週木曜日の午前9時半から11時まで、サロン「ゆっくりすごす会」を開いている。このサロンは、路上生活を余儀なくされている「ホームレス」の人たちを対象に、仙台 […]

Read More

病気や高齢で外出できない持ち主を癒やす「旅するぬいぐるみ」たち

【阿部えりこ通信員=宮城県仙台市】6月8日から22日、写真展「今日も明日もぬいぐるみ日和 仙台巡回展」が仙台市若林区の「くわの木カフェ」で開催されました。展示されたのは、国内外の観光地で撮影された「旅するぬいぐるみ」の写 […]

Read More

「ペットを守る=人を守る」飼わない人にも知ってほしい災害への備え

【鈴村加菜通信員=宮城県仙台市】 東日本大震災では「災害時にペットをどうするか」が大きな課題となった。避難所に連れて行けず、犠牲となったり、飼い主と離れ離れになったりしたペットも多い。また、ペットを案じて避難先から自宅に […]

Read More

マタギの郷の「屋号」で開かれる小さなマーケット 山形県小国町小玉川

【黒田あすみ通信員=山形県西置賜郡小国町】かつて東北の山中に暮らし、狩猟で生計を立てていた伝統の民「マタギ」。その習わしや文化を今に受け継ぐ山形県小国町小玉川集落で、6月9日に「小玉川屋号マーケット 春の山菜まつり」が開 […]

Read More

まるい田んぼの田植え体験 仙台・荒浜のめぐみキッチン

【文・写真/若栁誉美=宮城県仙台市】食卓に並ぶご飯、飲食店で提供されるご飯、コンビニで買うおにぎりやお弁当。1日1食は口にする白米。白米=お米は、種から育ち田に植えられ、刈り取られて精米され、さらに炊くという行為を経て、 […]

Read More

「終わりは、始まり」荒浜再生を願う会が震災後7年の活動に区切り

【文・写真/安藤歩美=宮城県仙台市】東日本大震災で大きな被害を受けた仙台市若林区の荒浜地区で6月30日、震災後に元住民が組織した「荒浜再生を願う会」の解散式が開かれた。 「現地再建」から「にぎわいづくり」へ  震災前約7 […]

Read More