360ネットワークニュース

AIが提案、ARで完成した家を出現させる新技術、 東大とジブンハウス・アスカラボが開発。今秋実用化へ

[PR記事]VRなどの技術を使って、革新的な住宅販売を提案しているジブンハウス(川崎市)は、東京大学生産技術研究所と東大発ベンチャーのアスカラボ社と共同で、人工知能(AI)が趣味やライフスタイルに合わせて最適な住宅を提案 […]

Read More

初めて世界一周した日本人は仙台藩の船乗りだった 喋りで蘇る数奇な運命

【若栁誉美=宮城県塩竈市】初めて世界一周をした日本人は、仙台藩の船乗りだったーー。3月17日、大道芸人「ダメじゃん小出」さんのしゃべくりにより、“図らずも”世界一周をせざるを得なかった日本人たちの物語が蘇った。この企画は […]

Read More

生協がなぜ「電気」を売るのか?再エネ電気販売、あいコープみやぎの挑戦

【大河原芙由子通信員=宮城県仙台市】2016年から電力の小売り全面自由化がスタートし、一般家庭でも契約する電力会社を選べるようになった。携帯電話会社など異業種の参入や、自治体が大手企業と組むなど、新しい電力会社、通称「新 […]

Read More

「飼い主のいない猫」について考える 「地域猫活動」を支える行政・地域・ボランティアの立場から

【鈴村加菜通信員=宮城県仙台市】毎日こっそりと野良猫に食事を与え、食べ残しや糞尿を片付けずに去っていく「餌やりさん」の行動が、地域の人々を悩ませている。このような身勝手な「餌やりさん」は一部だが、始まりはみな、「お腹を空 […]

Read More

【写真企画・東北異景⑪」逢魔時の広瀬川を歩く(仙台市青葉区、太白区、若林区)

【写真企画・東北異景⑪】逢魔時の広瀬川を歩く(仙台市青葉区、太白区、若林区) 【写真・文/佐瀬雅行(写真家)】「杜の都」仙台のシンボル、広瀬川は中心市街地の西側から南を縁取るように蛇行を繰り返し、いくつもの橋が異なる景観 […]

Read More

【バリ・ウブド村通信(12)】伝統芸能ガムランを世界に。感動的なピアノとのコラボ

【光森史孝=バリ・ウブド村】バリの伝統芸能、ガムランと西洋楽器のピアノが共演する曲など、ガムランの新曲発表会が2018年5月25日の夜、サヌール近くのホールで行われました。 ガムランを演奏したのは、ウブド近くのプンゴセカ […]

Read More

【シエラレオネ通信】シエラレオネで広がる日本の防災教育

【赤尾邦和通信員=シエラレオネ】こんにちは。現在西アフリカのシエラレオネという国に赴任しています赤尾邦和と申します。これから可能な限り、このシエラレオネという日本では本当に馴染みの無い国について少しずつ伝えて行ければと思 […]

Read More

「一歩踏み出す勇気を」伝統芸能を守る素顔のヒーロー・コウライザー降臨

【小坂将人通信員=秋田県横手市増田】秋田県北部に位置する大館市白沢地区には伝統芸能「白沢獅子踊り」が伝わっている。その保存会で小学5年のころから活動してきた青年が多くの仲間と共に、ご当地ヒーロー「コウライザー(CORIS […]

Read More

7回目でパルムつかんだ是枝監督/第71回カンヌ国際映画祭報告(7・完)

19日夜、授賞式が行われ、是枝裕和監督の『万引き家族』が見事パルム・ドールを受賞しました。前のレポートでも触れましたが、上映後の反応が予想以上で、その高評価は最後まで崩れることはありませんでした。『楢山節考』と『うなぎ』 […]

Read More

「ある視点賞」にアッバシ監督の「ボーダー(境界)」/カンヌ国際映画祭レポート(6)

授賞式前日の18日午後、ある視点部門の各賞の発表とクロージング・セレモニーが行われました。ある視点にはもともと賞がなかったのですが、アッバス・キアロスタミ監督が『そして人生は続く』を出品した頃に、スポンサーのジェルベ・ア […]

Read More