360ネットワークニュース

「キリバスは地球環境問題の最前線」仙台在住の名誉領事オノさんに聞く

 太平洋に浮かぶ赤道直下の島国、キリバス共和国は、地球温暖化に伴う海水面の上昇により、深刻な国土浸食の危機にさらされていることで知られています。仙台出身のケンタロ・オノさん(39)は15の年にキリバスに渡り、そのまま国籍 […]

Read More

市民と美術品、出会いの「仲人」 仙台でひとりの男性が開いたギャラリー

市民が美術に触れる場所といえば、やはり美術館や博物館が思い浮かぶ。しかし、仙台の街中にはふらっと立ち寄れる場所、美術を扱うギャラリーもあるのだ。あるひとりの男性が美術と市民をつなぎたいと願って開いた、明るく落ち着いた空間 […]

Read More

古地図や古写真で、まちの記憶と人をつなげる 佐藤正実さん

古い地図や写真、映像を収集・保存し、ひとの記憶を呼び起こす素材として活用する。記憶の中によみがえる生活はいつしかまちの思い出と重なり、ひととの語らいを通じてそこにあったまちの姿を浮かび上がらせる。かつてのまちの姿を知り、 […]

Read More

男はいつか、水平線を目指すー秋田・八峰町で3日間の漁業体験

「漁師にとって一番大切なのは、なんだと思いますか」。秋田県が全国から参加者を募った漁業体験研修が9月16日から3日間、青森県と県境を接する、八峰町八森で開かれた。その懇談会の席上、底曳き網漁業を営む山本太志さんが、そう質 […]

Read More

インバウンド増へ、登米市で外国人留学生のモニターツアー

 どうしたら地域に人を呼び込めるか?外国人旅行客はどんな所に魅力を感じるのか?少子高齢化時代の地域活性化の切り札として、全国的にインバウンド(訪日外国人客)の誘致への期待が高まっている。そんな中、身近な地域に暮らす外国人 […]

Read More

東北学院大が仙台都心に新校舎 学習支援の強化と地域交流で生き残り図る

 東北学院大学は12日、仙台市青葉区の土樋キャンパスに新校舎「ホーイ記念館」を開館する。5日にはオープニングセレモニーが開かれ、大学関係者や報道陣に施設内が披露された。IT環境を整え、地域社会との交流促進を図る空間づくり […]

Read More