【土井敏秀=秋田県五城目町】これはいわゆるニュース原稿ではありません。だってもう3カ月も前のイベントなんですから。ありゃぁ、いきなり開き直りで、ごめんなさい。謝っている割には「わたくしごと」から始めます。飛ばしていただいてもいいです。その先の講演会では、深く納得していただけます。

  その講演会で話をしたのは、哲学者の内山節さん。東京と群馬県上野村の2カ所で暮らしている。「内山節著作集全15巻」「日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか」「文明の災禍」など、数多くの著作がある。私が初めてお会いしたのは、20年ほど前になる。友人に誘われて、山形県金山町で開かれた、内山さんの「哲学塾」に参加した。

24年間勤めた会社を辞め、秋田県男鹿半島の加茂青砂集落に移り住んで、2年経ったころだった。畑作業や海に潜るのは新鮮で楽しかったが、フリーの物書きとして作品を書きたいという、会社を辞めた「ひそかな動機」は、自分の思い上がりでしかないのを思い知らされた。「全然稼げないし、なんで会社を辞めたりなんかしたのだろう」

悪い兆候である。そんなモヤモヤしている状態で、内山さんの話を聞いた。内山さんの本は、ずいぶん前に「山里の釣りから」を読み、いいなあと思って、2冊目に「労働過程論ノート」を選んだが、数ページで挫折していた。

 初めて聞く内山さんの話は、私のモヤモヤひとつひとつに、言葉を与え、心の奥にまで沈めた。実は、それらの言葉ひとつひとつは覚えていない(全くもって失礼なのだが)。でも、言葉同士が組み合わさって、しっかりと伝えてくれた。「今の暮らしを選んでよかったんだよ」。すべてが腑に落ち、心にはすっきり青空が広がった。強烈な感覚だった。

 以来、毎年夏は男鹿半島から車で3時間半かけて、金山町に通うのが恒例になった。哲学塾が20回を数えたのを機に、自宅を開放して主催していた、農林業を営む栗田和則さんが塾を閉じた。それならば、と意気込んだわけではないけれど、力不足を承知で、手伝ってくれそうな人たちを思い浮かべながら、男鹿半島で開くのを引き受けた。キャンプ場、閉校した小学校などを会場に、内山さんの話に耳を傾けた。

 そして今年の夏、8月27日。昨年、男鹿半島を訪ねてきてくれた秋田県五城目町の若者たち「ごじょうめ朝市大学」の仲間が、喜んで塾のバトンを受け取ってくれた。テーマが「子育てができる地域作り」だったこともあり、会場の五城目町地域活性化支援センターには若い夫婦を中心に、子供たちを含む100人以上の参加者があった。

次ページ:「残酷なことを強要し、役立たずの子供にしてしまっている」日本の教育




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です