【台風19号】宮城県大崎市、大衡村の被害状況(13〜16日)

東北地方の広範囲に大きな被害をもたらした台風19号。広範囲にわたる被害で全容が明らかにならない中、TOHOKU360では各地の通信員や読者から届いた被害状況を随時お伝えしています。16日は、甚大な被害を受けながら報道が多いとはいえない、大崎市鹿島台や三本木、大衡村から届いた被害リポートをお伝えします。

大崎市鹿島台(13日)

大崎市鹿島台の状況(13日時点)を報告します。大郷町で決壊した吉田川の下流に位置するため、水がすべて流れてきている状況です。目視ですが民家の表札近辺まで来ているので13日夕方の段階で150cm弱くらい水位があると思います。民家の2階に逃げ遅れた人が結構多くいました。

丹野裕太さん提供(いずれも13日撮影)

大崎市三本木(14日、16日撮影)

14日の大崎市三本木は道路や駐車場など広範囲で冠水が確認されました。稲刈り前だった稲が渦を巻いてしまっていたり、ハスの葉がボロボロになった姿も。

吉田薫通信員(14日、16日撮影)
陸東運輸(株)を多田川の歩道から撮影(14日撮影)
多田川と成瀬川の間にある三本木ボウリング場(あーばん)の駐車場が、冠水しており、まるで田んぼのように(14日撮影)。15日には、駐車場の水が嘘のようになくなっていました
稲刈り前だった稲が渦を巻いてしまっています(14日撮影)
ファミリーマート三本木坂本店では店員さんが店内の清掃(水出し)をしていました(16日撮影)
ハスも水を被った様子で、葉がボロボロです(14日撮影)

大衡村(14日)

大衡村大衡古館下のガソリンスタンド裏のコンクリートが川の氾濫で壊れていました。

吉田薫通信員(14日撮影)

TOHOKU360は東北の台風19号の被害状況をお伝えしています。東北在住で被害状況について情報をお持ちの方は、①自分で撮影した写真または動画②撮影場所③撮影日時④撮影時の簡単な状況説明、を添えてtwitterのDMFacebookメッセージメールのいずれかでお送り下さい。取材してほしい話題のご相談やその他の情報提供もお待ちしています。

13日の宮城県内の被害状況レポート(柴田町、白石市、仙台市、多賀城市)

14日の宮城(丸森町、角田市)岩手県(久慈市、普代村、宮古市)の被害状況レポート

>TOHOKU360とは?

TOHOKU360とは?

TOHOKU360は、東北のいまを東北に住むみんなの手で伝える、参加型の"ニュースプロジェクト"です。経験豊富なメディア出身者で構成される「編集者」と、東北6県の各地に住む住民の「通信員」とが力を合わせ、まだ知られていない価値あるニュースを一人一人が自分の足元から発掘し、全国へ、世界へと発信します。

CTR IMG