【文・土井敏秀、写真・堀井学=秋田・男鹿半島】小さな灯りが、闇の中をスウーッと下り、スッと消えた。大輪の打ち上げ花火が散って、降ってくる、そのひとつに似ていた。ゲンジボタル。何年ぶりだろう、ホタルを見るのは。

 いま暮らしている、秋田県・男鹿半島西海岸の海辺のムラにもいた。打ち寄せる波の音を耳にしながら見るホタルは、新鮮だった。

 海が荒れに荒れた土砂降りの日。海水が道路にあふれ、沢水が流れる堀をさかのぼる。ロープを切られ、岩場に打ち付けられている、小船「土井丸」にカメラを向けていた私は、足元をすくわれ、堀に落ちた。体をまるめ、「濁流に飲まれる」とは、こういうことを指すのだなと、妙に納得しながら上流に運ばれた。水はひざ下。立ち上がると合羽のポケットは、砂利で膨らんでいた。

 ホタルの幼虫のえさとなるカワニナは、全滅した。なぜ、そんなことを思い出したのか。それ以来、十数年ぶりのホタルだから、かもしれない。

 ここは、同じ男鹿半島でも北海岸の五里合琴川地区。この季節、稲がまだ淡さを残した緑の色合いで、広がっている。県道から、車がすれ違うのがやっとの、狭い田んぼ道を1㌔ほど奥に進むと、集落の入り口の道路沿いに「こおひい工房・珈音」がある。10人も入れば、いっぱいになる小さなお店。6月末から7月上旬にかけて、営業時間を夜の10時まで延長して「蛍カフェ」を開いた。7月23、24日には「蝋燭と蛍のカフェ」を開く。6年目を迎えた、灯りをロウソクだけにする、田んぼの中のオープンカフェ。

1
人間たちが空を見上げるように、ホタルたちも空を見上げることだってあるだろう。人間たちが天の川を見て「ワァッ」と思うように、ホタルたちも「ワァッ」となるのだろう。もし、そんな場面に遭遇したらホタルたちの舞いはいつもと違ってたりして……仕事上がりに現地へ向かい撮影を開始するも、ホタルはそんなに居なかった。カメラはそのままにして、車の中で星が出るのを待つ……そして車内で寝てしまう。でも、起きてみたら天の川と数匹のホタルが飛んでいた(2014年6月男鹿市、堀井学撮影)

次ページ:「雑木林全体が光っていた。もう鳥肌もの」




One Comment

  1. Pingback: 田んぼの中の「蝋燭と蛍のカフェ」 TOHOKU360 | こおひい工房 珈音

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です