【阿部えりこ通信員=宮城県石巻市】東日本大震災から7年を迎えた3月、宮城県石巻市で沖縄県石垣島出身のシンガーソングライター・石垣喜幸さんの音楽ライブが開かれました。震災後、石巻市内の避難所や仮設住宅を回り、歌で人々を励ましてきた石垣さん。その熱い思いと歌をより多くの人に届けたいと、石巻市在住で大の沖縄音楽好きの曽根史江さんが企画し、ライブが実現しました。




「石巻」と「石垣島」の出会い

ライブ「石垣喜幸-2018-2DAYS LIVE SPECIAL!!『みんなの歌がこだまする』」は、石巻市のIRORI石巻と旧観慶丸商店で、3月10日と11日の2日間にわたり開催されました。シンガーソングライターの石垣喜幸さんは、大阪や東京を拠点に音楽活動し、2011年にミニアルバム「見上げれば」でメジャーデビュー。2014年からは故郷の石垣島に戻り、ベトナム料理店を営みながらライブ活動を行っています。

今回のライブを主催したのは、石巻市在住で、沖縄の音楽が大好きな曽根史江さん。曽根さんが石垣さんと出会ったのは、2017年に沖縄・宮古島で開かれ、BEGINや山崎まさよしさんらが参加した大規模な音楽フェス「宮古島ミュージックコンベンション」でした。曽根さんはそこで初めて石垣さんの歌を聞き、「南国の島を思わせるのどかで伸びやかな歌声に魅了された」といいます。

フェス後、石垣さんと話す機会があった曽根さん。そこで、石垣さんが震災後の2012年に石巻北高飯野川校内仮設住宅の集会所や、多くの避難所や仮設住宅の集会所をまわり、歌で人々を勇気づけてくれたこと、その後現在に至るまで、ずっと忘れずに石巻に思いを寄せてくれていたことを知ります。曽根さんは「石垣さんの熱い思いを石巻の人々に届けたい」と、石垣さんと共催で、石巻市でのライブ開催を実現しようと動き始めました。曽根さんの多くの知人、友人の協力、協賛も得て、今回のライブ開催に漕ぎ着けました。

いよいよライブ開始

シンガーソングライターの石垣さん(阿部えりこ撮影)

3月10日、17時半頃受付開始。子供からシニア層まで幅広い年齢層の人が集まり、会場の「IRORI石巻」は賑わっていました。

18時すぎに開演。「震災がなければ石垣さんも石巻を知ることもなかったし、私も石垣さんを知ることがなかったでしょう。震災で失ったものは計り知れないが、得たものもネガティブなものだけではないと思います」と、曽根さんからの挨拶がありました。参加したお客さんも石垣さんのことを知る人は少数派で、初めて聞くという人が多い中でのライブの始まりでした。

いよいよライブ開始。ボーカル&ギターの石垣さんと、サポートメンバーの高嶺史さんが登場。お客さんに話しかけるように、元気いっぱいで親しみやすさを感じるような自己紹介の後、演奏がスタートしました。1曲目から石垣さん自身のミニアルバム「あいのうた」から「10年」「中央線」などを歌いました。客席にいた子供たちを巻き込んでの楽しいトークで、和やかな雰囲気になりました。 

石巻からみんなで歌い、元気を発信する

IRORI石巻で演奏する石垣喜幸さんと高嶺史さん(阿部えりこ撮影)

休憩をはさんでセカンドステージ。この日のライブのために練習したという三味線を伴奏に歌を披露。客席から沖縄民謡の曲のリクエストも出るほど盛り上がりました。ミニアルバムから数曲歌い、ライブのタイトルにもなっている石垣さん自身で作詞作曲した「こだま」を歌いました。インスピレーションで5分で書き上げた曲だそうです。「涙のふりそそぐこの世界に、あなたの歌がこだまする」と歌い上げるバラードソングに、会場が聴き入りました。

「石垣島が好き、海の波の音が好き」と、地元愛を語っていた石垣さん。「石巻も海に面した町です。大好きな海がある町で再びライブができて、地域に触れることができるのがうれしい」と、話していました。みんなで歌い、手拍子の「海へ行こう」の曲の後、アンコールで再びステージへ登場。抽選会で当選者にミニプレゼントを贈呈した後、復興支援ソング「花は咲く」を、配布されていた歌詞カードを見ながら全員で歌い、フィナーレとなりました。

3.11の前日となった復興ライブでは、しんみりするシーンはほとんどなく、石垣島や石巻への地元愛を感じるアットホームな雰囲気でした。みんなで石巻で楽しい時間を共有したいという思いのお客さんが、多く集まったライブでした。復興という大きな流れの中にある石巻で、ライブを開催運営した曽根さんの出会いから生まれた「絆」を、きっと明日につなげていけると感じました。

【この記事を書いた通信員】阿部えりこ(主な取材エリア:宮城県)

東北ニューススクール一期生。まち歩きやイベントなどの小ネタを市民目線で発信していきたいと思います。仙台市内のコミニティFMラジオ番組「Something Sweet」を自主制作。過去の執筆記事





【関連記事】


新着記事一覧VR動画ニュース一覧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です