硫黄の結晶が噴気孔を黄色く染める。川原毛地獄では元和9(1623)年、久保田藩(秋田藩)によって硫黄の採掘が始まり、昭和41(1966)年まで続いた(佐瀬雅行撮影)
硫黄の結晶が噴気孔を黄色く染める。川原毛地獄では元和9(1623)年、久保田藩(秋田藩)によって硫黄の採掘が始まり、昭和41(1966)年まで続いた(佐瀬雅行撮影)
遊歩道を辿っていくと、月面のクレーターに降り立ったような錯覚に陥った(佐瀬雅行撮影)
遊歩道を辿っていくと、月面のクレーターに降り立ったような錯覚に陥った(佐瀬雅行撮影)

次ページ:地獄の下の「極楽浄土」にたどり着いた




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です