作家の真山仁さんが、東日本大震災をテーマに執筆した自身の小説を題材に読者と語り合う「読書会」を自主的に開く取り組みを始めている。5月下旬、真山さんは初めて、東日本大震災の被災地・宮城県仙台市で読書会を開催した。震災を体験した宮城県の読者との対話で、真山さんは何を語り、何を感じたのか。熱気あふれた仙台での「読書会」の夜を、数回に分けてリポートする。(安藤歩美)

 「読書会」は、真山さんが東日本大震災を題材に執筆した「そして、星の輝く夜がくる」の続編小説・「海は見えるか」が今年2月に刊行されてから、真山さんが自主的に始めた活動だ。真山さんは、震災を題材に「思いを込めて書いた本が、どのように読者に読まれたのかを知りたい」との動機から、東京と大阪で読書会を開催。被災地で読書会を開きたいという真山さんたっての希望で、仙台での読書会が実現した。

DSC_7765 (1)「いつか小説家になったとき、震災を書かなくてはと思った」

 「震災が起きると、作家として何をするかを突きつけられる」。5月22日夜。約30人が集まった仙台市の「読書会」会場で、真山さんが語り始める。2011年3月11日の東日本大震災。あまりの被害の大きさにショックを受け、震災を書くことをためらう小説家が多かった中、真山さんはいち早く、東日本大震災をテーマにした小説に取り組み始めた。

 真山さんの脳裏には、1995年の阪神・淡路大震災があった。当時神戸市でフリーライターをしていた真山さんは、震源地から約10kmの場所に住んでいたというが、奇跡的に大きな被害はなかった。「いつか小説家になったときに、あのときの恐怖、無力感や、被害が大きくなかった人のことについても、ちゃんと書かなければならないとずっと思っていた」

 次ページは:「ハゲタカの人が、震災を書くの?」




Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です