WRITERS & EDITORS

TOHOKU360では東北各地と世界各地に住む「通信員」がニュースを書き、メディア経験者である「編集者」が編集・ファクトチェックすることで、現場の最前線の情報を誤報なく伝えるニュース発信のしくみをつくっています。

TOHOKU360は、東北のいまを東北に住むみんなの手で伝える、参加型のニュースサイトです。経験豊富なメディア出身の「編集者」と、東北6県の各地に住む住民の「通信員」とが力を合わせ、まだ知られていない価値あるニュースを一人一人が自分の足元から発掘し、全国へ、世界へと発信します。
安藤歩美
安藤歩美 TOHOKU360編集長
1987年千葉県生まれ。東京大学公共政策大学院修了後、産経新聞記者として宮城県で被災地の復興を取材。独立後、数々のYahoo!トピックス記事を執筆。2016年に東北に住む人みんなで東北の今を伝えるニュースサイト「TOHOKU360」を創設、代表・編集長。NHKラジオ第一「ゴジだっちゃ!」木曜パーソナリティー。
佐藤和文
佐藤和文 編集デスク
1951年生まれ。仙台市出身。東北大学法学部卒。「東北」を報道理念に掲げる河北新報の記者・編集者として40年間過ごした。仙台本社以外では、青森県三沢市、東京、宮城県古川市(現大崎市)の支局取材を担当した後、後半の20年はインターネット分野の責任者に。メディア局長としてデジタル戦略を立案、地方に由来するメディアのウェブ報道の在り方やSNS、ブログツイッター、などソーシャルメディアの活用に取り組んだ。2011年3月11日に発生した東日本大震災のウェブ報道を指揮。2014年に「メディアプロジェクト仙台」を設立。公式ブログ「Web日誌2.0」は河北新報時代のウェブコラム「Web日誌」の名称を引き継いでいる。
佐瀬雅行
佐瀬雅行 写真デスク
1955年、宮城県塩釜市生まれ。早稲田大学第一文学部卒。縄文人、蝦夷(えみし)の末裔と自覚している。ロバート・キャパ、沢田教一、石川文洋の写真に触れて報道写真を志す。地方紙の写真記者として、30年以上にわたって東北各地を取材してきた。2014年からフリーで活動。東北地方にこだわり、風土や信仰などを主なテーマとして撮影を続けている。好きな写真家は土門拳、木村伊兵衛、東松照明、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ロベール・ドワノーと数えきれない。公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員。
漆田義孝
漆田義孝 動画デスク
1983年、青森県階上町生まれ。東北大学文学部卒(ヨーロッパ史専修)、卒業論文のテーマは「活版印刷と宗教改革」。同期の多くが東北を離れる中、仙台の人材会社に就職し、仙台で東日本大震災を経験する。「3.11キヲクのキロク」への写真提供などを通じ情報の記録・発信への関心を強め独立、NPO法人メディアージ代表代行として政治・音楽など様々な情報を地域とひも付けて発信するインターネット動画番組の制作や、映像中継、撮影・編集を担う。
中野宏一
中野宏一 エディター
1984年、秋田県湯沢市生まれ。埼玉県出身。東京大学法学部卒、東京大学公共政策大学院修了。東京の全国紙編集部で3年間校閲業務に従事した後、ITベンチャー企業に入社。SNSや「拡散」の専門家として民間企業、マスメディア、政党に対して分析・助言をおこなう。合同会社イーストタイムズ代表。
佐々木佳
佐々木佳 エディター
1990年 仙台市太白区生まれ。石川県の大学で乗り鉄と日本酒を専攻し、岩手県の地方紙で街ダネ担当記者をした後、帰郷。「地方から社会を心地よく」を合言葉に迷走を続けている。
大沼吹雪
大沼吹雪 通信員(秋田県横手市)
1974年生まれの一児の父。主な取材エリアは、秋田県横手市。「これ、いいな」「伝えたいな」と思ったことをのんびりと取材します。声をおかけした際は、よろしくお願します。民俗学会の方も知らない「ある秋田の文化」を時々探します。「雪下ろし」の道具もつくってます(https://www.facebook.com/snowrr/)。そちらも、よろしくお願いします。
丸田陽加里
丸田陽加里 通信員(福島県二本松市)
広島県生まれ。幼少期より神奈川県で育ち、国際基督教大学に進学。在学中にはイギリスへの交換留学も経験。卒業後は大手建設機械メーカーに就職し、福島県郡山市に移住。2年後に退職し、現在は同二本松市の温泉街にて地域おこし協力隊として活動。国内外問わず、旅とローカルな街歩き、自然が大好き。温泉ソムリエ。ブログ:http://dreamontravel.hatenablog.com/
渡邉貴裕
渡邉貴裕 通信員(宮城県仙台市)
宮城県名取市生まれの仙台市育ち。2018年にTOHOKU360のニューススクール、仙台市市民活動サポートセンターの市民ライター講座を受講。その後、記事作成に携わる。Facebookにおいて数多くの記事を自主的に発信中。
鈴村加菜
鈴村加菜 通信員(宮城県仙台市)
盛岡市出身、仙台市在住。猫大好きな戌年。TOHOKU360のニューススクールがきっかけで通信員の仲間入りをし、知らなかったことを知ること、誰かのお話をじっくり聞いて形にすることの面白さを知りました。猫と人の暮らしを取り巻く問題を追いかけつつ、日々の中でこれは気になる…と思ったことを自分のペースで取材していきます。
大林紅子
大林紅子 通信員(宮城県仙台市)
宮城県石巻市生まれ。国内外関係なく興味と旅費があれば単独で何処へでも行きたい派。石巻・仙台での社会人経験を経て2011年の震災後から本格的に取材活動を開始。現在は定点撮影など宮城県内のアーカイブ活動にも参加している。取材対象である「モノ」や「ヒト」の持つ歴史的背景を直接ヒアリングしながら追うスタイル。石巻アーカイブ会員。野菜ソムリエ。産業カウンセラー。獅子座のAB型。
平塚千絵
平塚千絵 通信員(宮城県仙台市)
生まれも育ちも宮城県。温泉やカフェめぐりが大好きで、主に東北各地に出かけています。TOHOKU360に出会い、まだ知らなかった東北のニュースがたくさんあることに気づかされました。そして自らも東北地方の良さを世界に発信していければ…という思いから参加しました。どうぞよろしくお願いいたします。
三浦真実
三浦真実 通信員(宮城県仙台市)
トウホク生まれトウホク育ち。小学生の頃、図書室の本は図鑑以外ほぼ読みました。東北各地のなぜ?を文章にしていけたらと思います。普段街中や何気なくあるけど、日常に消えてしまうものを謎で終わらせないように、形にしていきたいです!ほやは食べれませんがホヤぼーやは大好きです。あるとき、「支離滅裂なライターさんですよね?」と聞かれました。友達には、個性的って意味だよ!落ち込む事ないよって励まされましたが嫌いじゃないです。普通より、支離滅裂に、だけどあったかい文章書いていきたいです。活動:sen culture(http://sendaiculturesen.com/)bgm(https://b-g-m.jp/)
早坂理希
早坂理希 通信員(宮城県仙台市)
宮城県仙台市出身。東北学院大学卒。体育会系営業や仙台のベンチャー企業でのモバイルオンラインゲーム運営などを経て現在は会計システムメーカーの営業職。地域を良くする仕事をしていきたくてあれこれ活動中。今考えているのは後継者のいない経営者や個人事業主を取材して想いを記事にしてチャレンジしたい人とつなげること。
阿部哲也
阿部哲也 通信員(宮城県仙台市)
1972年福島県福島市生まれ。地域にある一番高い建物は小学校という平和な環境で育つ。小学3年生のような興味津々好奇心な視線で地域を見つめ、面白いと思ったものには後先考えずに飛びついてしまう。褒められて育つタイプ。好きな生き物はカエルとドジョウ。虫の音を聞くと「捕まえてみろ」と挑発されたような気持ちになる。小学生と友だちになるのが得意。苦手なことは自己紹介。仙台在住。
土井敏秀
土井敏秀 物書き(秋田県男鹿市)
物書き。1949年、仙台市生まれ。大学を卒業するまで24年、同じく24年で新聞記者をやめた。さて、次の24年は?で、秋田県男鹿半島の加茂青砂集落という、地縁血縁の全くない海辺のムラに移住。近くの民宿のおばさんに「あぁ流行系ね」と瞬時に片づけられた、自給自足生活を目論んで「半農半漁見習い」を名乗る。あれから18年。小舟を高波にさらわれ、せっかく覚えた素潜り漁も、今や年に1〜2回。借りた畑は雑草との戦いに敗れて耕作放棄地に。家の裏の狭い畑も「自然農法」の言い訳付きで、野菜が雑草の間から見え隠れしている。残ったのは細々ながら続けてきた「書くこと」なのだが、24年の残りはあと6年だぞ!と自らに奮起を促している。ほんとかな……。
阿部えりこ
阿部えりこ 通信員(宮城県仙台市)
東北ニューススクール第1期生。仕事のかたわら、仙台市の市民活動サポートセンターのニューズレターやwebなどに市民ライターとして取材したり記事を書いています。元々文章を書くことは好きでした。偶然にもスマホで船を撮影した写真が、塩竈市の観光写真展に入選、それから写真を撮ることに興味を持つようになりました。好きな文章と写真で地元東北の魅力を発信することで社会とつながっていきたいと思ってます。
渡邊真子
渡邊真子 通信員(宮城県仙台市)
仙台市生まれ。卒業後電気メーカーのOLになるが後に単身渡英。ロンドンの美大で主にイラストレーションと写真を学ぶ傍ら、在英日本人向け情報誌出版社でアルバイトを行い、週末は夜な夜なクラブで踊りまくるという20代後半の約3年間を英国で過ごす。帰国後は外資系企業や研究機関などに勤務。東北ニューススクール一期生となり、後にイーストタイムズにも参画。音楽とカフェがないと生きられない性質。重度知的障害児の母。一応ダイバーでもあるライター。
山口史津
山口史津 通信員(宮城県仙台市)
ライター・編集者として種々のWebメディア、リクルートサイト、インタビュー記事を執筆、編集。ジャンル、業界問わず散らばった情報をいかにまとめ上げ核心を伝えられるかを日々考えている。文章と音楽、書道が柱。これまでにない視点で音楽や漢字の記事を書くのが夢。
赤尾 邦和
赤尾 邦和 国際通信員(シエラレオネ)
1983年生まれ。東京大学公共政策大学院卒。現在国際移住機関(International Organization for Migration:IOM)シエラレオネ事務所にプロジェクトマネージャーとして2016年から活動中。ポストエボラプロジェクト、高度人材移民を活用した開発プロジェクト、及び防災案件を経て、2019年4月からは若者の職業訓練・起業支援事業のマネージャー。基本はアフリカにいながら気持ちは日本。SNSの返事がいつも早いことが特技。
松村翔子
松村翔子 通信員(宮城県仙台市)
1985年宮城県多賀城市出身。東京造形大学卒業。特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]の教育プログラム「Making Art Different(MAD)」のキュレーション・ベーシック受講。地元文化施設で教育普及業務に携わりながら、地元の仲間と子ども向けアートワークショップや、アートと食に関するイベントを企画。2011年東日本大震災後は、「自分たちの街を自分たちでよくしたい」と活動する様々な分野の市民活動団体の活動をお手伝いする中間支援組織に所属。業務の中で触れた、誰かの思いを文章や画にして伝えるという表現方法に関心を持ち、ジャーナリストキャンプ2016石巻やTOHOKU360のニューススクールに参加。おもしろい!と思ったことを素直に伝えられるようになりたい。
吉田薫
吉田薫 通信員(宮城県富谷市)
福島県いわき市出身。某電機メーカーに就職、2児の母。子どものふるさとになる「富谷市をもっと良くする活動をしていきたい!」と思い富谷塾という、市主催の起業塾に参加。地域の情報を発信することの重要性に気づき、富谷市で楽しそうなことをしているひとや、お店、イベント、自己HPのない個人事業主を取材して、想いを記事にし少しづつ発信しています(https://tomiyer.com/)。記事を書くことは2019年1月に学び始めたばかりなので、もっともっと書くことを学びたくて、まちかど発信隊に参加しました。
若栁誉美
若栁誉美 通信員(宮城県仙台市)
東京都三鷹市生まれ。とはいえ宮城県仙台市での生活が人生で一番長くなった。 仙台市のIT企業でのバックオフィス業務の傍ら、好奇心のアンテナが向いた事には自ら飛び込んでいくスタイルで、ジャンルレスの活動を続ける。 朗読ユニット100グラード主宰、荒浜のめぐみキッチン活動メンバー。
2011年4月よりエフエムたいはくで毎週火曜夜8時放送「鈴木はるみの“ソーシャルで行こう!”」のラジオパーソナリティをつとめる。番組内の独自企画で2017年5月~2018年12月44人の仙台市議会議員にインタビューを行い、その後も市議会の傍聴をしながらSNSに議会レポートを投稿するなど情報発信をしている。
光森史孝
光森史孝 国際通信員(インドネシア)
1995年、神戸新聞社在職中、友人ら5人とインドネシア・バリ島のウブド村にコテージを取得し、神戸新聞社を定年退職後、ウブド村に移住。コテージ「Villa Bintang Ubud(ビラ・ビンタン・ウブド)の経営をバリの古くからの友人に委ね、バリ島の環境保護のための植林活動や日本・バリの高校生交流の手助けなどをしながら妻と二人で暮らしている。ウブド村の日々をつづったメーリングリスト「ウブド村暮らし通信」を発行。「TOHOKU360」には「ウブド村」通信員として参加、「ウブド村暮らし通信」から選んだ記事を不定期で掲載中。
詩集の刊行、ポエトリー・リーディング・ライブをさまざまな場所で開催。また、病院や学校で詩のワークショップや読みきかせをしている。仙台市立富沢小学 校校歌作詞、丸森町立丸森中学校校歌作詞、仙台市立錦ケ丘小学校校歌作詞。
名取市在住のローカルジャーナリスト。1957年、相馬市出身。河北新報記者を2019年春に卒業。東北の震災・原発事故被災地など、古里の当事者の声の発信の手助けを、人生の仕事にしていきたいと思います。尚絅学院大客員教授。
相沢由介
相沢由介 通信員(宮城県仙台市)
取材・編集を全て一人で行う宮城ローカルのドキュメンタリーマガジン「インフォーカス」を発行。 一人の小回りと柔軟性を活かして、他のメディアにはない切り口で、宮城のあり様や、そこで生きる人たちの営みを記録。有名な観光地よりも私たちの目の前の景色を、偉い人の確信に満ちた言葉よりも私たちと同じ目線にいる人たちの、迷いや葛藤をすくい取るのが目標。
東京都出身。2009年に大学進学のため仙台に。ふだんは医師をしています。出不精ですが、映画館によくいます。好きな映画監督は、キェシロフスキ、アルモドバルなど。今年のベスト3は、『未来を乗り換えた男』、『フロントランナー』、『幸福なラザロ』。
齋藤敦子
齋藤敦子 映画評論家
映画評論家・字幕翻訳家。カンヌ、ベネチア、ベルリンなど国際映画祭を取材し続ける一方、東京、山形の映画祭もフォローしてきた。フランス映画社宣伝部で仕事をした後、1990年にフリーに。G・ノエ、グリーナウェイの諸作品を字幕翻訳。労働者や経済的に恵まれない人々への温かな視線が特徴の、ケン・ローチ監督の「麦の穂をゆらす風」なども手掛ける。「ピアノ・レッスン」(新潮文庫)、「奇跡の海」(幻冬舎文庫)、「パリ快楽都市の誘惑」(清流出版)などの翻訳書もある。
>TOHOKU360とは?

TOHOKU360とは?

TOHOKU360は、東北のいまを東北に住むみんなの手で伝える、参加型の"ニュースプロジェクト"です。経験豊富なメディア出身者で構成される「編集者」と、東北6県の各地に住む住民の「通信員」とが力を合わせ、まだ知られていない価値あるニュースを一人一人が自分の足元から発掘し、全国へ、世界へと発信します。

CTR IMG