東日本大震災から丸5年が過ぎ、時間の経過と共に震災の記憶が薄れていってしまう中、仙台市の東沿岸部に位置する宮城野区南蒲生(みなみがもう)町内会では、これまでの復興の過程を後世に残そうと、町内住民が中心となって『南蒲生復興5年史』を作成した。復興は、まだ道半ば。記録誌の編さんは、次の一歩を踏み出す決意表明でもあるという。【葛西淳子/東北ニュースクール】

原稿を確認する編集委員の皆さん。制作期間は、3月から9月までの約半年にわたった=2016年9月、南蒲生町内会集会所(葛西淳子撮影)
原稿を確認する編集委員の皆さん。制作期間は、3月から9月までの約半年にわたった=2016年9月、南蒲生町内会集会所(葛西淳子撮影)

復興の今を伝える

「震災からこれまでお世話になった人たちに、南蒲生の今を伝えたい」。編集委員たちが復興5年史に込める思いだ。制作には、町内の編集委員8人のほか、ライター、デザイナー、カメラマンがチームを組んで支えた。

5年史をつくるきっかけは、中越地震を経験した旧山古志村への視察だった。2014年7月町内会有志が、震災メモリアルの拠点「中越メモリアル回廊」を見学した時、各地域で住民たち自ら震災を語り継ぐ努力をしている姿を目の当たりにして、震災を伝える取り組みの大切さを実感したのだった。

震災から5年の節目に、自分たちが歩んできた軌跡を後世に残そうと、自らの手で5年史の編集に取り組んだ。表紙には、記憶をつむぐ風景をイメージし、昔から仙台平野にみられる風景である「居久根(いぐね)」とよばれる屋敷林が描かれている。中を開くと、住民から集めた写真で5年間の出来事を綴ったフォトコラム。町内の方々11人へのインタビューからは、震災発生から復興に向けて歩んできた5年間の思いが伝わってくる。

次ページ:原風景を求めて




Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です