※360°動画です。PCの場合は画面をドラッグしながら、スマホの場合は下のボタンからYouTubeの「アプリ」を開いてスマホ本体を動かしながら、360°死角のない風景をご視聴下さい。

スマホで360°VR動画を視聴するにはこのボタンをクリック

【安藤歩美=仙台市・荒浜】誰も住むことができなくなった街を、路線バスが走る。車内は立っている乗客ばかりで、ぎゅうぎゅう詰めだ。冬だというのに、浮き輪を持って乗っている子供もいる。「次は、終点、深沼でございます」。車内アナウンスに、乗客たちは一様に高揚していた。

 「おかえりなさい!」。海岸のすぐそばに停車したバスと乗客を待っていたのは、「深沼海岸行き」のバスの復活を心待ちにしていた人々の輪だった。降車した乗客と、肩を抱き合う人々。「ようこそ荒浜」の横断幕を持って待っていた人。涙を流す人ーー。たった一本のバスを、待ちわびていた人たちの姿があった。

 約740世帯の人々が暮らしていた仙台市沿岸部の荒浜地区。400年以上もの歴史があるとされるこの街は、2011年の東日本大震災の津波に襲われて壊滅的な被害を受け、仙台市に「災害危険区域」、つまり人が住んではいけない地域に指定された。

 「深沼海岸」は震災前まで仙台市唯一の海水浴場として賑わい、毎年夏になると、仙台駅前から発車する深沼海岸行きのバスは海水浴客でいっぱいになった。しかし震災後、住民たちは内陸側へ移転し、津波被害にあった家は取り壊され、海水浴場が解放されることもなくなった。仙台市のバスは震災後、「深沼海岸」を終点とする荒浜地区のバス停に、止まることはなくなった。

 そのバスが、震災から5年9カ月が経った12月11日、1日限りで荒浜に帰ってきたのだった。この日、JR仙台駅と深沼海岸までを結ぶ、震災前と同じ路線の1往復の便が運行した。

次ページ:きっかけは「ニセモノのバス停」だった




Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です