リズミカルなスイングジャズのメロディーに合わせて、20~30代の男女のペア10組ほどが時に軽やかに時に激しく踊る。寒さが厳しい2月上旬だというのに、踊り手たちの熱気で会場の飲食店の大きな窓ガラスは瞬く間に真っ白に曇った。(平間真太郎)

スマホで360°VR動画を体験 ※必ずYouTubeアプリを起動してご覧下さい

仙台市中心部の飲食店「スタイラス」には、毎週水曜日の夜になると「リンディーホップ」などのスイングダンスを楽しむ人たちが集まる。参加するのは20人前後の若者たち。学生あり社会人あり、日本人にアメリカ人など、職業も国籍も多様な人たちが一緒にダンスに興じる。現在、東北地方でリンディーホップを定期的に楽しめる場があるのは仙台だけだ。年に数回、別な会場で開くダンスパーティーには100人近くが集まるという。

リンディーホップは1920年代にニューヨークの黒人文化の中心地ハーレムで生まれた。当時流行していたスイングジャズにあわせて男女のペアが早く激しい動きで踊るのが特徴。スイングジャズの衰退とともに一時その人気は衰えたが、80年代になって当時の欧米の若者にその魅力が再評価され、90年代には世界的なブームとなった。同じ頃日本にも波及し、2000年以降、東京や大阪などを中心に広がっていった。

スタイラスでのレッスンを主催し、インストラクターとして教えているジャズ写真家の尾形奈美さん(43)は「参加者の若さが仙台の特色です」と語る。東京などでは参加者の中心は40~50代という。

「年齢や人種に関係なく楽しまれてきて、堅苦しくないのがリンディーホップの魅力」と尾形さん。参加者はそれぞれのレベルに応じたステップの踏み方などを教えてもらいながら、思い思いのスタイルで踊る。ダンスの合間にビールを飲んだり、おしゃべりをしたりするのも楽しみだ。

リンディーホップが仙台発の若者文化となる日も近いかもしれない。【360度VR動画ニュース】

記事一覧




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です