【VRで旅する東北の夏(2)】青森ねぶた祭

今年も、短くも情熱的な東北の夏祭りの季節が幕を開けました。TOHOKU360は、2016年の東北各地の夏祭りのようすを360度動画で記録。360°VR動画で、祭り現場の熱や臨場感をまるごとお伝えします。【360°動画・文/安藤歩美】

スマホで360°VR動画を視聴するにはこのボタンをクリックし、YouTubeアプリを起動して下さい

※360°動画の視聴方法はこちら

 東北の夏を彩る「青森ねぶた祭」が、今年も開幕した。

 祭り2日目の3日夜には、青森に伝わる伝説や日本神話、三国志などをモチーフにした、大小さまざまなねぶたが登場。鮮やかに輝くねぶたが観客の目の前に迫ったり回転したりするたび、沿道から歓声が沸き起こった。今年4月に起きた熊本地震の被災地の復興を祈り、「送り」と呼ばれる後ろ姿に「ケッパレ(がんばれ)!熊本」の文字が大きく書かれたねぶたも運行した。

 「青森ねぶた祭」は7日まで。最終日7日の夜は、6台のねぶたが青森港をめぐる「ねぶた海上運行」と約1万1千発の花火が祭りのフィナーレを飾る。




360ネットワークニュース一覧360°VR動画ニュース記事一覧

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です