cropped-600.jpgbanner_250_250

【TOHOKU360×笑顔の架け橋・Rainbowプロジェクトコラボ企画番組】

避難指示解除からもうすぐ1年・富岡町の今をVR動画でめぐる

【VR動画・文/安藤歩美】2017年4月に、町の約9割で避難指示が解除された福島県富岡町。2018年2月に富岡町を訪れ、そこに暮らす人々や風景などをめぐり、富岡町の今をVR動画で記録した。

スマホで360°VR動画を視聴するにはこのボタンをクリック

※360°動画です。PCの場合は画面をドラッグしながら、スマホの場合は上のボタンからYouTubeの「アプリ」を開いてスマホ本体を動かしながらご視聴下さい。

動画内0:00~

津波被害から再建されたJR富岡駅

東日本大震災の津波で被災したJR富岡町。駅舎が再建され、震災後不通区間だったJR常磐線竜田駅ー富岡駅間は2017年10月に運転を再開した。カラフルなタイルや、駅に併設されたおしゃれな売店が目を引く。

動画内0:33~

住民の生活を支える「さくらモールとみおか」

2017年3月、避難指示の解除に合わせて全面開業した複合商業施設「さくらモールとみおか」。ホームセンター、スーパーマーケット、ドラッグストア、フードコートがひとつになった便利な施設が、町での暮らしを再開した人々の生活を支えている。ソファ席やフードコートの席も広々と用意されており、ソファでくつろぐ人々や、楽しそうに談笑する人々の姿があった。

動画内0:48~

富岡町の新名物・「浜鶏(はまど~り)ラーメン」

1949年創業の鳥藤本店が「さくらモールとみおか」内で出店しているラーメン店「浜鶏」。地域の新しい名物を作ろうと2018年1月、「浜通り」にかけた名前の鶏だしラーメン「浜鶏(はまど~り)ラーメン」を生み出し、早くも地域内外から人気を集めている。

詳しくは

帰ってくる人を、いつでも迎え入れることのできる町に 株式会社鳥藤本店藤田大さん

鶏の旨みを凝縮した一杯、浜鶏ラーメン」(笑顔の架け橋Rainbowプロジェクト)。

動画内1:13~

「町の役に立ちたい」いわき市の女性が始めたカフェ「y」

ダンプカーが行き交う主要道路・国道6号沿いに建つ、可愛らしい一軒家。いわき市在住の渡辺愛子さんは2017年6月、この場所でカフェ「y」を開業した。元々はいわき市でスナックを営業していた渡辺さん。「震災のときお店でお食事を提供したら、とても喜ばれたことがあって。こっち(富岡町)だったら役に立つんじゃないのかな、って」。

知人にこの一軒家を紹介され、町の復興の役に立ちたいと開業。自宅のあるいわき市から、電車で富岡町に通い続けている。「今52なんだけど、あと10年くらいしっかり働けると思うのね」と、渡辺さん。持ち前の明るい笑顔とトークで、町で暮らす人々がほっと安らげる場所を生み出している。

動画内1:53~

震災の脅威伝える「津波被災パトロールカー」

震災遺構として町に残る、津波被災パトロールカー。東日本大震災発災時、津波が迫る中で懸命に住民の避難誘導をしていた2人の警官が乗っていた。津波の破壊力の恐ろしさ、そして多くの住民の命を守ろうとした警官がいたことを後世に伝えるものとして、町の公園に設置されている。

動画内2:02~

町の一部はまだ帰還困難区域

町の一部はまだ帰還困難区域になっており、立ち入りを規制するバリケードの姿がある。町の約9割の土地では避難指示が解除されているが、住民の帰還は課題として残る。富岡町には2018年2月1日時点で1万3228人の住民登録者がいるが、町内居住者は429人にとどまっている。

動画内2:10~

田んぼだった場所が「メガソーラー」に

町の姿は急速に変化している。「富岡復興メガソーラー・SAKURA」は元々田んぼだった約40ヘクタールの土地に11万880枚の太陽光パネルを設置した太陽光発電施設で、年間約9100世帯の発電量を見込む。

太陽光パネルの下を見ると、田んぼの傾斜や水路の跡がそのまま残されている。「土地の借用期間の20年を過ぎた後に土地をお返しするとき、帰還した住民の方々が再び農業ができるように、田んぼをそのままの形で残しているんです。帰ってきた住民の方が自分の土地のようすを見て嫌な思いをされないように、普段から草むしりも徹底しています」。事業者の一つである福島発電株式会社の小坂恵理さんが、そう教えてくれた。

動画内2:40~

桜の名所・夜ノ森

桜の名所として知られる夜ノ森。春になると、一帯は美しい桜並木になる。

「笑顔の架け橋・Rainbowプロジェクト」のレポートもご覧ください。
【住民の帰還が続く富岡町の今】

http://rainbow.nttdocomo.co.jp/support/travel/detail/77


■笑顔の架け橋・Rainbowプロジェクト
banner_250_250

NTTドコモは「東北の笑顔のために、人とひと・社会をつなぐ」ための活動を継続的に行っています。

http://rainbow.nttdocomo.co.jp/






【関連記事】


360ネットワークニュース一覧360°VR動画ニュース記事一覧国際通信員コラム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です