住宅街に舞い降りたフクロウ親子が呼んだ思わぬ「福」 山形県山辺町

山形県山辺町の住宅街、近江団地にある小さな公園にフクロウの親子が現れ、団地に思わぬ「福」を呼んでいる。

たちまち地域の人気者に

トラフズクの親子が現れた近江公園
トラフズクの親子が現れた近江公園は、住宅に囲まれた静かな緑地。山からは距離がある

団地に住む女性によると、フクロウの仲間「トラフズク」が現れたのは7月28日頃。夕方になると耳慣れない鳴き声が響くようになり、地域の話題になり始めた。

その後、団地の真ん中にある公園の樹の上で休むトラフズクの親子5羽がたびたび目撃され、地元の新聞に取り上げられると、たちまち人気者となった。

「いないねえ…」「首が痛くなっちゃう」

お盆休みに入った8月12日も、住民らが散歩の行き帰りに、公園の樹を見上げてその姿を探していた。

「新聞に出てから、遠くから大きなカメラを担いだ人たちも来るようになって…」

普段は閑静な住宅街。住民の中には戸惑っている人もいそうな状況だが、先の女性は「いやいや!」と言って、思わぬフクロウ効果を語り始めた。

「いろんな人が見に来るでしょ?朝から地域の人が公園に集まるようになって、『今日はいますか?』って、今まで知らなかった人と会話が生まれているんです」

フクロウは「福を呼ぶ」縁起のいい鳥とされてきた。近江団地のトラフズクも、その一挙手一投足が地域に笑顔を呼んでいる。

トラフズクを探す近隣住民たち
トラフズクを探す近隣住民たち

「また来年も、ずっと来てくれたら」

住民が気を揉んだ日もあった。8月4日夜、福島県沖を震源とする地震で、公園そばのスピーカーから防災無線がけたたましく鳴り響いた。

「今ので逃げてしまったのでは…」

肝を冷やしたが、翌日には親子揃って姿を現して皆をホッとさせたという。

「あっ!いた!あそこ!」

樹上を探していた一人が、一羽の後ろ姿を見つけた。瞬く間に10人ほどが集まって、「どこどこ!?」と探し始める。女性は「ね?いつもこんな感じで」と笑いながら「また来年も、ずっと来てくれたら」と目を細めた。

 近江公園のトラフズク
近江公園のトラフズク(住民提供)
>TOHOKU360とは?

TOHOKU360とは?

TOHOKU360は、東北のいまを東北に住むみんなの手で伝える、参加型の"ニュースプロジェクト"です。経験豊富なメディア出身者で構成される「編集者」と、東北6県の各地に住む住民の「通信員」とが力を合わせ、まだ知られていない価値あるニュースを一人一人が自分の足元から発掘し、全国へ、世界へと発信します。

CTR IMG