【三浦真実通信員=仙台市若林区】

『告知』。英語だと『notice』。

SNSで、お店の告知をするお店は多い。

『お休み』『営業時間変更のお知らせ』『大切なお知らせ』『イベント』。それは、様々なshopの告知を見ていると、大体が事務的な場合が多い。だけど、そんな事が当たり前と思って、何気なくピザ屋さんのInstagramページを並べて見ていたら、すごくアートだった。




若林区新寺にある、オープン4年目のピザ屋さん『bird』。定番ピザから和風ピザまで、リーズナブルで美味しくて。「NYのカルチャーシーンを意識しています。」

という店内はいつ行ってもカッコいい。みんながワイワイ集まれる気さくさも、近隣の人に愛される理由だろう。birdさんの告知を見てみる。

POPだったり、アートだったり、どんな風に作っているのか?と気になってオーナーの岡崎さんの奥さんにお話を伺った。

「全てその時の思いつきで作っています。」

と言う。

大概のお店は「本日はお休みをいただきます」という文字が、記載してある。

それ以上もそれ以下もない。

どんな風に思いついているのか?とお話を聞いたら、丁寧に説明してくれた。

「店内の写真(知人のアーティストさんの作品)をラフに撮ったものに、文字を載せたり、自分の子供の絵本を撮影したり、私が作った消しゴムハンコの日、お友達のお子さんの写真の日、お友達のデザインアートが下地になってる日もあります。」

かっこいい、グラフィックアートに見えるんだけど、実は奥さんとかお店の方の思いつきとか、身近にある被写体とかに文字を載せた簡単なものだった。だけど、箱を開けてみても、なんだか、そんか一手間加えて、「本日はお休みをいただきます」と言われると、お休みがネガティブじゃなくて、告知を見ても楽しくなる。

おしゃれで美味しいのに思いやりがある。birdさんはそんなお店。だからみんな集まる。

三浦真実通信員】 栗原市出身です。東北の魅力と、街中の何気ない「なんで?」について、面白い魅力を発信していきたいです。
ほやは食べれませんがほやぼーやは大好きです。
主な取材エリア:仙台市及び仙台市近郊、東北のいく先々 執筆記事一覧





【関連記事】


新着記事一覧VR動画ニュース一覧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です