【写真と詩の連載】丸森町立丸森中学校校歌

TOHOKU360では10月から毎週金曜日、仙台在住の詩人・武田こうじさんによる詩の連載「大きいもの、小さいもの。」を掲載しています。武田さんは、今回の台風19号で町全体が大きな被害を受けた宮城県丸森町の丸森町立丸森中学校の校歌を作詞されています。今週は予定を変更し、武田さんの丸森町の人々への思いが込められた、丸森中学校の校歌をご紹介します。

丸森町立丸森中学校 校歌(作詞:武田こうじ)

 森はやさしく
未来に寄りそう
昨日の夢を 言葉にできた今日
新しい自分に出会う
果てしなく広がる宇宙(おもい)
大切なこと
私の心にふれて
考えている

水はうつくしく
過去に話しかける
言葉にできない笑顔ありがとう
自分を信じてみよう
友だちの声は故郷
一人じゃないこと
あなたの心にふれて
学んでいる

丸森の空の色を
知っているんだ
涙は熱く溢れて
わたしたちは光
次の一歩
照らしている
 

宮城県丸森町(2019年6月、佐々木佳撮影)
>TOHOKU360とは?

TOHOKU360とは?

TOHOKU360は、東北のいまを東北に住むみんなの手で伝える、参加型の"ニュースプロジェクト"です。経験豊富なメディア出身者で構成される「編集者」と、東北6県の各地に住む住民の「通信員」とが力を合わせ、まだ知られていない価値あるニュースを一人一人が自分の足元から発掘し、全国へ、世界へと発信します。

CTR IMG