市民が美術に触れる場所といえば、やはり美術館や博物館が思い浮かぶ。しかし、仙台の街中にはふらっと立ち寄れる場所、美術を扱うギャラリーもあるのだ。あるひとりの男性が美術と市民をつなぎたいと願って開いた、明るく落ち着いた空間を訪ねた。【山口史津/東北ニューススクール】

定禅寺通の角にたたずむ、ひとつのギャラリー

 「美術品は、見る人が主役」。市民と魅力ある作品の出会いの仲人になりたい――そんな思いで開いた画廊は、8月に3周年を迎えた。

阿部敬四郎ギャラリー。イニシャルをかたどった看板を掲げる(山口史津撮影)
阿部敬四郎ギャラリー。イニシャルをかたどった看板を掲げる(山口史津撮影)

 阿部敬四郎さん(61)は、仙台三越アートギャラリーでの40年近い勤務経験を活かし、2013年8月29日、株式会社阿部敬四郎ギャラリーを開いた。責任をもって美術品を展示するため、自らの名前を冠した。開催した企画展は60を数える。

 地下1階のガラス戸の奥に、白い壁の柔らかい明るさに満ちた空間が広がる。同ギャラリーは、定禅寺通と一番町四丁目アーケードが交わる一角にある。せんだいメディアテーク、東京エレクトロンホール宮城が並び、青葉まつりや光のページェントの会場となる定禅寺通は、文化を発信するギャラリーを構えるにはもってこいだ。

 阿部さんは1933年の仙台三越開業から続くアートギャラリーで、国内外の美術品の展示に携わってきた。展示品の組み合わせや配置が練られた場で、写真ではなく直接作品をみる良さを知り尽くしている。照明や場内の音楽、絵や彫刻の素材の質感も同時に味わう―「五感を使ってみてほしい」。仙台の大通りで市民が美術品を直接目にする場を提供することは、まちづくりにも貢献すると考えている。

次ページ:美術と人を、つなぐ人




Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です