【連載】シニアネット仙台2016-高齢社会の自立をデザインする(3)

 仙台市の代表的な繁華街「一番町」のサンモール一番町商店街にNPO法人「シニアのための市民ネットワーク仙台(通称シニアネット仙台)」(丹野惠子理事長)の「一番町サロン」があります。20年ほど前、シニア世代がNPOを立ち上げ、多様な活動の拠点となるサロン的な場所づくりを自力で目指してきました。多くの高齢者たちがボランティアでサロンの維持運営にかかわっています。

 一方、財政難を背景とする介護保険法の改正に伴い、比較的軽度な要支援者を地域の介護力にまかせる流れが強まっています。「一番町サロン」のような、高齢者を地域全体でサポートする取り組みにも関心が高まっています。シニアネット仙台の20年の歩みを振り返り、自立型のサロンの意義や現状について報告します。【佐藤和文:メディアプロジェクト仙台】

連載・シニアネット仙台<第一回第二回

(3)互助こそ社会貢献

「社会貢献」について語る田村淳二さん。緩やかでリラックスした語り口から伝わってくるものは多い。2016年7月7日、シニアネット仙台のサロン一番町で。(佐藤和文撮影)
「社会貢献」について語る田村淳二さん。緩やかでリラックスした語り口から伝わってくるものは多い。2016年7月7日、シニアネット仙台のサロン一番町で。(佐藤和文撮影)

「シニアネット仙台が互助会だと言われるとしたら、かえってうれしいですね。シニア世代はそれまでの人生でいろいろ大変な思いをして、ここに集まってきます。かつて『企業戦士』だった人なら、ほとんどボロボロになってたどり着く場所でもあるわけです。自分たちの会費でそうした場所を自力で運営し、それぞれに役割を見つけて、まだまだ長い人生を送っていく。いずれは社会のお世話になるにしても、元気なうちは、まず自分がしっかりすることこそ、最大の社会貢献ではないでしょうか」

田村淳二さん(68)。金融機関を退職し、第2の職場に6年勤めた後、週に1回、「一番町サロン」に通い、シニアネット仙台の事務局を担当しています。会計担当の理事でもあり、シニアネット仙台の経営状況に最も詳しい一人です。NPO会計のソフトを一部、改修して誰でも使えるようにしたほか、2016年度に始まったウェブサイトのリニューアルでも、委員らの議論のたたき台になるようなサイトを作るなど、ITに強いところを見せました。

次ページ:「60代は使いっぱしり」




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です