Post Tagged with: "東日本大震災"

「第一回焼き肉のタレ選手権」仙台で開催 初代王者は「源たれ」

【松村翔子通信員=宮城県仙台市】仙台市に暮らす住民がイチオシのタレを一品ずつ持ち寄り、一番美味しいタレを決める「第1回焼き肉のタレ選手権」が、仙台市で開かれた。東北の製造元を中心に13種類がエントリー。予選、決勝戦を経て […]

Read More

3月11日。それは女川町の離島・出島の「民宿いずしま」が再出発した日

【文・写真/安藤歩美=宮城県女川町】東日本大震災から7年が経った、3月11日。宮城県女川町の離島・出島(いずしま)で、休業していた小さな民宿が、ひっそりと再開した。その名は「民宿いずしま」。その再出発の日を取材した。 3 […]

Read More

石巻と石垣島を「歌」でつなぐ 石巻市で復興支援ライブ

【阿部えりこ通信員=宮城県石巻市】東日本大震災から7年を迎えた3月、宮城県石巻市で沖縄県石垣島出身のシンガーソングライター・石垣喜幸さんの音楽ライブが開かれました。震災後、石巻市内の避難所や仮設住宅を回り、歌で人々を励ま […]

Read More

荒浜のめぐみを「街中」で味わう 「荒浜のめぐみキッチン」の試み

【文・写真/若栁誉美通信員=仙台市】ふかしたてのもち米が四升入った木臼、そして私の手には、杵。人生2度目の餅つき。力で杵をコントロールして、足元がふらつく。5回搗(つ)いただけで、両腕が痛い。「杵の重さで餅をつくんだよ。 […]

Read More

チリのパッチワーク「アルピジェラ」が伝える苦難の経験 仙台で展覧会、震災被災地との回路をつなぐ試み

【平間真太郎(フリージャーナリスト、元朝日新聞記者)】明るく輝く太陽、青々とした山並み、黄色や橙色、水色などであしらわれた建物、そこで暮らし、働く人々――。そんな光景が、色鮮やかな布の端切れや古着の一部などを使い、パッチ […]

Read More

被災した街の記憶をつなぐ「オモイデツアー」継続を 残り5日でクラウドファンディング達成に挑む

【安藤歩美=仙台市】東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた沿岸部の街に滞在し、地元住民と交流しながら街の記憶や魅力を知る「オモイデツアー」を継続したいーー。そんな思いから、被災地での交流活動継続のためのクラウドファンディ […]

Read More