【安藤歩美=福島県広野町】東京電力福島第1原発事故後、未だ多くの住民が避難を余儀なくされている福島県双葉郡で、原発事故後唯一、入院患者を受け入れ続けてきた病院がある。福島県広野町、福島第一原発から22km南にある「高野病院」。原発事故当時もこの場所で患者の治療を続けてきたこの病院が今、存続の危機を迎え、地域医療が危機に瀕している。

「民間人の自己犠牲」で支えていた地域医療

 理由は、院長の突然の死だった。12月30日、高野病院唯一の常勤医として病院を支えていた高野英男院長が、自宅の火事によって亡くなった。2011年3月の福島第一原子力発電所事故後も、動かしては危険な患者とともに広野町に残り、常勤医が一人になった状態で病院を存続させていた。81歳という高齢ながら、精神科と内科の常勤医として働き、週に数回の当直をこなし、昼夜問わず救急患者も受け入れていた。

 記者は1月7日、高野病院を訪ねた。現場では院長の死後、「高野病院を支援する会」を結成し南相馬市立総合病院からボランティア医師として駆けつけた、尾崎章彦医師と嶋田裕記医師に話を聞くことができた。

 嶋田医師は「(この危機的状況は)いつ起きてもおかしくなかった」と口を開く。「ひとりの民間人の、81歳のおじいさんの、大きな自己犠牲がこの地域を支えていたのです。それに行政が、ただ乗りをしていただけなのです」

DSC_0707
福島県広野町の高野病院で取材に応じた、南相馬市立総合病院の尾崎章彦医師(左)と嶋田裕記医師(右)(安藤歩美撮影)

次ページ:双葉地域の医療崩壊危機




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です