article

今回のゲストは、17歳のラジオネーム「しなき」君。1年2ヶ月間を少年院で過ごし、昨年末に出院したといいます。17歳で働き始めた彼が、現在の悩みと夢を語ってくれました。※書き起こしは一部抜粋です。全編は、podcastをお聴き下さい。

Podcastで購読LINEで相談するMailで相談する

◆少年院での生活って?

色川冬馬
しなき君、こんにちは
しなき君
こんにちは
色川冬馬
少年院ではどんな生活をしてたんですか?
しなき君
自由時間は少ないけど、言われたことだけをやる生活だったので楽ではありました。
色川冬馬
朝ごはん、昼ごはん、夕ご飯も出て、勉強もできて、本を読む時間もあったと言ってましたね。
しなき君
働かないで不自由なく生活できて、娯楽もあったという意味では(今より)楽でした。
色川冬馬
つらかったことはありましたか。
しなき君
やっぱり遊べない、友達と会えない。自分のやりたいことをやれないのが一番つらかったです。


◆次ページは:資格をたくさん取った

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です