【色川冬馬の「若者よ、悩みを語れ!」】第5回:ニカラグアで野球を教える日本人!?

仙台出身の元野球パキスタン代表監督・色川冬馬さん(26)が若者の悩みに答えるポッドキャスト番組「若者よ、悩みを語れ!」。今回のゲストは、10月から青年海外協力隊隊員としてニカラグアに赴任し、子供たちに野球を教えるという阿部翔太さん。青年海外協力隊の「サバイバル研修」とは?ニカラグアでは、どんな生活をするの?勇気を持って世界に羽ばたく阿部さんと、これまで世界各国で野球を教えてきた色川冬馬さんが対談します。

※この記事はラジオの一部抜粋で、正確な書き起こしではありません。全編は、podcastでお聴き下さい。

Podcastで購読Androidで購読 LINEで相談するMailで相談する





色川冬馬
今日はこれからの野球界を輝かせてくれるような、「野球人」として期待している青年、阿部翔太くんに来ていただきました。こんにちは!
阿部翔太さん
こんにちは!
色川冬馬
実は阿部くんと僕との出会いは今日で・・・
阿部翔太さん
まだ2回目です(笑)
色川冬馬
ぜひ僕との出会いを説明していただけますか。
阿部翔太さん
青年海外協力隊で今年10月からニカラグアで小学生に野球を教える阿部翔太と申します、よろしくお願いします。実はfacebookで僕の先輩がシェアした色川さんの記事を見て、この人はだれだろう?と、ずっと興味を持っていました。この人は僕を助けてくれるのではないかと感じ、とても憧れていたので、色川さんにメッセージを送りました。
色川冬馬
勇気のいる一歩を出したのが、翔太君のすごいところですよね。その何ヶ月か後に、仙台まで足を運んでくれました。男2人でカフェに行って(笑)話して、本当に野球が大好きなんだな、これからの野球を考えている熱い男だな、と感じました。ところで青年海外協力隊って何なのでしょう。海外に行く研修をしているそうですが、どんなことをしているんですか。
阿部翔太さん
ちょうど昨日青年海外協力隊の訓練所から帰ってきたばかりで。青年海外協力隊は国のODAの一環で、日本が発展途上国のために技術提供したい、ということで作られました。さまざまな専門職の中で、僕は野球を選択しました。研修は午前9時から午後5時まで語学の勉強を中心に。僕の場合はスペイン語。サバイバルや、コミュニケーションの訓練などもします。



次ページ:青年海外協力隊の「サバイバル訓練」って!?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です