仙台出身の元野球パキスタン代表監督・色川冬馬さん(26)が若者の悩みに答えるポッドキャスト番組「若者よ、悩みを語れ!」。今回のゲストは、仙台二華高校の3年生・佐藤稜悟君。元々は女子高だった仙台二華高にない「野球部」を創部しようと挑戦を続けた高校生活について、色川さんと対談しました。

※この記事はラジオの一部抜粋で、正確な書き起こしではありません。全編は、podcastでお聴き下さい。

Podcastで購読Androidで購読 LINEで相談するMailで相談する

野球部を作ることで、学校を活性化したかった

(色川)そもそも、なぜ二華高に進学したのですか?

(佐藤)中学校のころから英語が好きでした。二華高は文科省のスーパーグローバルハイスクールに認定されていて、国際交流の機会も多かったので、二華高に進学しました。

(色川)二華高に野球部を作りたいと活動したきっかけは何だったんですか?

(佐藤)小学校から野球をやっていて、中学でも続けていましたが、高校では勉強を取ろうと思い、野球は続けないつもりでした。学校で生活するうち、野球が恋しくなりました。二華高は女子が多いので男子の活躍の場が限られ、男子が新しく創設された部活や個人競技などで頑張っています。野球部を作ることで学校を活性化したいと思い、協力してくれる友達もいたので、野球部を作ろうと思いました。

(色川)日本では野球部があることが当たり前のような感じですもんね。男子は少ないとのことですが、どのくらい少ないんですか?

(佐藤)中学から入る生徒は男女比は半々くらいですが、高校から入学する生徒は、一学年で160人中男子が14人。最初入ったときは全然環境が違うというのが第一印象で、肩身が狭いかな、と思いました(笑)

(色川)僕の卒業した聖和学園高校も、当時は共学になったばかりで、特進クラスの20数人中男子は5、6人程度だったので気持ちはわかります(笑)。活動は、最初は何人から始まったのですか?

次ページ:休み時間のキャッチボールからスタート




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です