休み時間のキャッチボールからスタート

(佐藤)5、6人からスタートしました。野球を元々やっていたり、協力してくれる人を集めて、何とか9人に、野球ができる人数に増やしました。活動は去年(2015年)、二年生になったと同時くらいから始めました。

(色川)部活を作るには、まずどうすればいいんですか?職員室に行くとか?

(佐藤)最初は休み時間を使ってキャッチボールを始めました。野球をやったことのない人が多かったので、投げ方や打ち方を教えていました。やっと形として野球ができるようになってきた5、6月ごろ、そこから先生に相談しよう、ということになりました。

(色川)最初は同好会などを目指したんですか?

(佐藤)学校の規則としては、愛好会、同好会、部活となっていく必要があったので、まずは愛好会を目指すことにしました。

(色川)愛好会を作るには、どうしたら?顧問の先生を付けたり、学校の承認をもらったりする?

(佐藤)そうですね。それから、人数や、施設も必要です。

次ページ:早朝の「ゴミ拾い」で先生に活動を知ってもらった




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です