仙台出身の元野球パキスタン代表監督・色川冬馬さん(26)が若者の悩みに答えるポッドキャスト番組「若者よ、悩みを語れ!」。今回は、エフエムたいはく(78.9MHZ)毎週火曜夜8時放送のラジオ番組「鈴木はるみの“ソーシャルで行こう!”」からの特別提供で、色川冬馬さんが出演した1月3日放送分を配信させていただきます。新春に、色川さんと加美町・猪股洋文町長が若者に伝えたいメッセージとは。

※記事内容は放送内容の一部であり、正確な書き起こしではありません。全編はpodcastをお聞き下さい。

Podcastで購読Androidで購読 LINEで相談するMailで相談する


加美町・猪股洋文町長:町のシンボルは音楽施設バッハホールや薬莱山(やくらいさん)。4月には国立音楽院宮城キャンパスが加美町に開校予定。昨年春にはアウトドア用品大手モンベルの「モンベルフレンドタウン」に登録されるなど、音楽と自然の豊かさを生かした街づくりを展開している。

色川冬馬:1990年仙台市生まれ。野球選手としてアメリカ・メキシコ・プエルトリコ等のリーグでプレーした後、イランやパキスタンで国家チームの代表監督を歴任。指導者として国際的に活躍しながら、仙台で中学生野球チーム「南仙台ボーイズ」を創設。野球だけではなく英語教育やプロのトレーニングなどを取り入れた、スポーツクラブの新しいあり方を発信し続けている。


夢への道が「一本道しかない」は間違い

猪股:色川さんが、いろんな選択肢を示していきたい話していたことに同感です。日本社会にいると、どうしても「一本道」しかないように思ってしまう。いい大学出て安定した就職して。野球にしても強い学校に行って、プロになって…。その道を外れると夢を諦めざるをえないという風潮がありますが、それは違うのではないかと日ごろ思っています。私も一本道を歩んできていませんし。

加美町は、4月に音楽の学校を立ち上げます。音楽の道も、普通は子供のころからピアノやバイオリンを習って、音大へ入って、実力があればオーケストラに入ってごく一部が国際的に活躍する。しかしその道はものすごく細くてごく一部に限られます。その道を外れると諦めざるをえないという環境です。実は、音楽を仕事にする方法はある。例えばピアノが弾けるなら、音楽療法という仕事もある。それはこれからの超高齢化社会で役に立つ技術です。演奏家になれないからと諦めて音楽と縁を切るのではなく、好きな音楽の道で社会貢献できる道がある。加美町にオープンする国立音楽院では音楽療法や子供の情操教育、楽器の制作や修理、調律など、音楽を仕事にしていけることを後押しする。音楽を仕事にする選択肢を示す、それを町としてサポートする、という日本初の試みなんです。

次ページ:「する野球」だけが野球ではない




Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です