【バリ・ウブド村通信(16)】心と身体をつなぐヨガ体験はいかが?

【光森史孝=バリ・ウブド村】今日は、ヨガのお話です。バリ島は「神々の住む島」といわれ、島全体にパワースポットがあるそうですが、とりわけスピリチャルな人やアーティストが最も多く集まるのがウブドです。そのせいか、このところ、ウブドのあちこちに、ヨガスタジオやヨガ教室が開設され、心を癒し、身体を整えるために、ヨガの習練に励む人が増えています。

ビラ・ビンタンを訪れて下さる人たちの中にも、ヨガに興味を持つ人が増えていますが、この人たちのために、ビラ・ビンタンへ〝出張〟してくれる、ヨガの師があります。ウブドに長年、暮らしている日本の人で、長南敏康さんです。

ヨガはサンスクリット語で「つながり」という言葉。インドの心身鍛練法で、呼吸を整え、瞑想して、心と身体をつなぐことだそうですね。ここ数日、長南さんは、早朝からビラ・ビンタンへ来られ、宿泊中の日本人や欧米の人たちの部屋のテラスで、指導を続けておられます。心身の鍛錬ですから、指導を受ける人たちは朝食抜きで、2時間余り、さまざまな体位で、励んでいます。

写真は、鍛錬を受けたドイツ人の夫婦が子どもさんとともに記念撮影です。中央が長南さんです。

ウブドでは毎年、「バリ・スピリット・フェスティバル」という催しが開かれ、日本を含む世界各国から集まった著名ヨガ講師、舞踊家、音楽家らによるワークショップや舞台、瞑想のセッション、ヒーリングや健康をテーマにしたセミナーなどが行われ、毎年、7千人以上の来場者でにぎわうそうです。今年のフェスティバルは、既に終了したそうですが、来年、訪バリで、体験されては、どうですか。ビラ・ビンタンでのヨガ体験も。よろしくお願いします。

>TOHOKU360とは?

TOHOKU360とは?

TOHOKU360は、東北のいまを東北に住むみんなの手で伝える、参加型の"ニュースプロジェクト"です。経験豊富なメディア出身者で構成される「編集者」と、東北6県の各地に住む住民の「通信員」とが力を合わせ、まだ知られていない価値あるニュースを一人一人が自分の足元から発掘し、全国へ、世界へと発信します。

CTR IMG