【光森史孝=バリ・ウブド村】Villa Bintang Ubudの光森史孝です。きょう5月11日、インドネシアでは「ワイサック」と呼ばれる、国民祝日の日です。仏陀の生誕、悟りと死を祝う、仏教徒にとって最大の祝祭日。インドネシア国内の仏教徒の割合は1%にも満たないといわれていますが、各地で、聖水や聖火をお供えし、祈りを捧げる人々の姿が見られ、特に世界遺産の中部ジャワ州のボロブドゥール寺院には、観光客も多く訪れ、にぎわったそうです。バリ島では、北部のシンガラジャなどに寺院がありますが、ウブド周辺には寺院がなく、僧侶の姿を見かけることもなく、日本人には、少し寂しいですかね。




昨夜は、プル・ナマ=満月でした。写真は午後7時ごろ、ビラ・ビンタンから撮ったものですが、くっきりと晴れ渡った夜空に、真ん丸のお月さんが輝いていました。ただ真夜中、このところの天候不順が再来、小雨が降り、あれれ・・と思ったのですが、間もなく、雲が引き、またまた中天高く、満月を拝むことが出来、やれやれでした。

くっきりと浮かんだ満月。ビラ・ビンタンからのぞむ。(撮影:光森史孝)

昨日は、バリ島内で繰り広げられていた、バリ・ヒンズーの最も重要な、様々な祝祭儀に、一区切りをつける日でもありました。3月28日のニュピ、4月5日のガルンガン、4月15日のクニンガンと続き、その期間中に各地の寺院で繰り広げられたオダラン=祭礼を加えると、いくつの祝祭儀が島内各地で繰り広げられたことでしょう。

この期間、島内の全戸の門口に飾られていたペンジョールを片付ける日でもあります。ビラ・ビンタンでもボンさんたちが長い竹竿は、次に備えて、保存し、飾りやお供えは焼却処分にしていました。各地の街路は、普段のたたずまいに戻った訳ですが、なにやら少し寂しい感じでもあります。

【光森史孝】1995年、神戸新聞社在職中、友人ら5人とインドネシア・バリ島のウブド村にコテージを取得し、神戸新聞社を定年退職後、ウブド村に移住。コテージ「Villa Bintang Ubud(ビラ・ビンタン・ウブド)の経営をバリの古くからの友人に委ね、バリ島の環境保護のための植林活動や日本・バリの高校生交流の手助けなどをしながら妻と二人で暮らしている。ウブド村の日々をつづったメーリングリスト「ウブド村暮らし通信」を発行。「TOHOKU360」には「ウブド村」通信員として参加、「ウブド村暮らし通信」から選んだ記事を不定期で掲載中。





【関連記事】


360ネットワークニュース一覧360°VR動画ニュース記事一覧


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です