【東北異景】宮城の戦争遺跡(上)防空壕

 犠牲者の多くは簡易な防空壕の中で亡くなった。一家が全滅したケースもあったという。戦時中に造られた防空壕は、ほとんどが埋め戻されて見ることはできないが、青葉区北山にある神社の境内に横穴式の壕が当時の姿で残されている。

2
北山駅から数分で御嶽三吉神社に着く。社殿が建つ丘陵の真下に防空壕が残されている(佐瀬雅行撮影)
3
シダやコケに覆われた岩の奥に防空壕の入り口があった(佐瀬雅行撮影)

 JR仙山線の北山駅に近い御嶽三吉神社。社殿の脇の石段を下ると、南東に向いた斜面に防空壕の入り口があった。入り口は幅、高さとも約1.5㍍。内部は地下水が染み出していて、不快な湿気が体にまとわりつく。頭上に注意しながら15㍍ほど歩くと天井が高くなり、右手に四畳半ほどの部屋が現れた。さらに約5㍍進んだ地点で行き止まりとなった。

次ページ:圧迫感に襲われる防空壕の内部




>TOHOKU360とは?

TOHOKU360とは?

TOHOKU360は、東北のいまを東北に住むみんなの手で伝える、参加型の"ニュースプロジェクト"です。経験豊富なメディア出身者で構成される「編集者」と、東北6県の各地に住む住民の「通信員」とが力を合わせ、まだ知られていない価値あるニュースを一人一人が自分の足元から発掘し、全国へ、世界へと発信します。

CTR IMG