【東北異景】宮城の戦争遺跡(下)特攻基地(東松島市)

 ポツダム宣言の受諾によって、大鮫の震洋隊は出撃することなく終戦を迎えた。もし戦争が終結せず「本土決戦」という事態になっていたなら、「徹底抗戦」「一億玉砕」のスローガンの下でさらに数えきれない命が失われたことだろう。

 波音だけが聞こえる穏やかな入り江で71年前の夏に思いを馳せる。突然、上空を航空自衛隊松島基地の訓練機が轟音を残して飛び去った。

澄んだ海と濃い緑がまぶしい大鮫。71年前、特攻隊員たちはどのような思いで眺めていたのだろう(佐瀬雅行撮影)
澄んだ海と濃い緑がまぶしい大鮫。71年前、特攻隊員たちはどのような思いで眺めていたのだろう(佐瀬雅行撮影)

次ページ:震洋を保管するため掘られた横穴が今も残る




>TOHOKU360とは?

TOHOKU360とは?

TOHOKU360は、東北のいまを東北に住むみんなの手で伝える、参加型の"ニュースプロジェクト"です。経験豊富なメディア出身者で構成される「編集者」と、東北6県の各地に住む住民の「通信員」とが力を合わせ、まだ知られていない価値あるニュースを一人一人が自分の足元から発掘し、全国へ、世界へと発信します。

CTR IMG