AUTHOR

通信員(宮城県仙台市)

取材・編集を全て一人で行う宮城ローカルのドキュメンタリーマガジン「インフォーカス」を発行。 一人の小回りと柔軟性を活かして、他のメディアにはない切り口で、宮城のあり様や、そこで生きる人たちの営みを記録。有名な観光地よりも私たちの目の前の景色を、偉い人の確信に満ちた言葉よりも私たちと同じ目線にいる人たちの、迷いや葛藤をすくい取るのが目標。

  • 2019年11月1日

排水機能が無くなった3.11被災地で大雨の度に冠水 仙台市荒浜のスケートパーク

日本中で猛威を振るった台風19号。8年前、東日本大震災の津波で被害を受けた仙台市荒浜にも、その影響は及んでいる。スケートボードパーク「CDP」では、台風による雨でパークが冠水。その後も続く雨で水が引かず、10月は営業日の半分以上が営業できない事態にな […]

  • 2019年10月23日

【台風19号】土地や河川へのダメージが今後の農業に影響 宮城県色麻町

日本中で猛威を振るった台風19号。東北の各地にも様々な影響を与えている。宮城県の色麻町(しかまちょう)では、ライフラインへの影響は少なかったものの、農作物への被害が目立っているという。色麻で食用の牛を飼育している牛農家、橋本拓未さんに台風の影響につい […]

>TOHOKU360とは?

TOHOKU360とは?

TOHOKU360は、東北のいまを東北に住むみんなの手で伝える、参加型の"ニュースプロジェクト"です。経験豊富なメディア出身者で構成される「編集者」と、東北6県の各地に住む住民の「通信員」とが力を合わせ、まだ知られていない価値あるニュースを一人一人が自分の足元から発掘し、全国へ、世界へと発信します。

CTR IMG