WORLD
CATEGORY

WORLD

  • 2020年4月3日

【第70回ベルリン国際映画祭】金熊賞に『ここに悪はない』

【斎藤敦子(映画評論家・字幕翻訳家)=ベルリン】2月29日夜、授賞式が行われ、以下のような賞が発表になりました。 金熊賞の『ここに悪はない』は死刑に関わる人間模様を4つの物語で描いたもの。モハマド・ラズロフの映画は、カンヌのある視点で上映された『原稿 […]

  • 2020年3月26日

【第70回ベルリン国際映画祭】『精神0』想田和弘監督インタビュー

第70回ベルリン国際映画祭で、想田和弘監督の『精神0』がカトリックとプロテスタントの審査員が選ぶエキュメニカル審査員賞を受賞しました。5月上旬よりシアター・イメージフォーラム他、全国順次ロードショー公開される本作品について、映画評論家で字幕翻訳家の齋 […]

  • 2020年3月4日

【第70回ベルリン国際映画祭】ホロコースト 生きた歴史

【齋藤敦子=ドイツ・ベルリン】70回目の記念の年を迎えたベルリン国際映画祭が2月20日に開幕しました。日本は新型コロナウィルスで大変なことになってますが、ドイツでは前日の19日、フランクフルト郊外のハーナウという町で、シーシャ(水煙草)を吸わせるバー […]

  • 2019年9月24日

【バリ・ウブド村通信(17)】よさこいで日本情緒満喫

Villa Bintang Ubudの光森史孝です。 「土佐のー高知のー播磨屋橋でー坊さん、かんざし買うを見たァー」 懐かしい、よさこい節が、昨夜、バリで、何度も流れました。歌声に合わせて、バリの大学や高校などの学生・生徒たちの「よさこい踊り」が次々 […]

  • 2019年5月31日

パルム・ドールに「パラサイト」 韓国映画生誕100年に華添える/カンヌ国際映画祭レポート(6)

【齋藤敦子(映画評論家・字幕翻訳家)=フランス・カンヌ】5月25日の夜、授賞式が行われ、ポン・ジュノ監督の『パラサイト』が韓国初のパルム・ドールを獲得、韓国映画生誕百年の記念の年に大きな華を添えました。 ポン・ジュノ監督を始め、去年コンペに『バーニン […]

  • 2019年5月31日

貧困層が富裕層に寄生する。韓国社会を戯画化 ソン・ガンホ主演の「パラサイト」/第72回カンヌ国際映画祭レポート(5)

【齋藤敦子(映画評論家・字幕翻訳家)=フランス・カンヌ】コンペのアジア映画は、中国のディアオ・イーナン監督『野鴨の湖』、韓国のポン・ジュノ監督『パラサイト(寄生虫)』の2本です。  『野鴨の湖』は、マフィアの内部抗争から、首謀者として警察から懸賞金付 […]

  • 2019年5月29日

食といのちを問う 批評家週間で富田克也監督の『典座-TENZO-』/第72回カンヌ国際映画祭レポート(4)

【齋藤敦子(映画評論家・字幕翻訳家)=フランス・カンヌ】去年は是枝裕和監督の『万引き家族』が今村昌平監督の『うなぎ』以来、21年ぶりに日本映画にパルムをもたらしましたが、今年はコンペに作品がなく、監督週間に三池崇史監督の『初恋』と、批評家週間に宮田克 […]

  • 2019年5月28日

良心的兵役拒否者をモデルに平和の意味を問う。テレンス・マリック監督の「隠れた人生」/第72回カンヌ国際映画祭レポート(3)

【齋藤敦子(映画評論家・字幕翻訳家)=フランス・カンヌ】去年、プレスの上映スケジュールが変更になりましたが、今年もさらに変更が加えられ、伝統的に残っていた朝8時30分の先行上映も、前日の夜の回の再上映となり、正式上映の前にいち早く映画を見るというプレ […]

  • 2019年5月20日

犯罪多発地域に迫るラジ・リ監督の「レ・ミゼラブル」/第72回カンヌ国際映画祭レポート(2)

【齋藤敦子(映画評論家・字幕翻訳家)=フランス・カンヌ】華やかな開会式の翌日、フランス期待の新人、ラジ・リ監督の『レ・ミゼラブル』が上映されました。“レ・ミゼラブル”というと日本ではミュージカルで有名ですが、元はフランスの国民作家ヴィクトル・ユゴーの […]

  • 2019年4月9日

【バリ・ウブド村通信(16)】心と身体をつなぐヨガ体験はいかが?

【光森史孝=バリ・ウブド村】今日は、ヨガのお話です。バリ島は「神々の住む島」といわれ、島全体にパワースポットがあるそうですが、とりわけスピリチャルな人やアーティストが最も多く集まるのがウブドです。そのせいか、このところ、ウブドのあちこちに、ヨガスタジ […]

>TOHOKU360とは?

TOHOKU360とは?

TOHOKU360は、東北のいまを東北に住むみんなの手で伝える、参加型の"ニュースプロジェクト"です。経験豊富なメディア出身者で構成される「編集者」と、東北6県の各地に住む住民の「通信員」とが力を合わせ、まだ知られていない価値あるニュースを一人一人が自分の足元から発掘し、全国へ、世界へと発信します。

CTR IMG