PHOTO
CATEGORY

PHOTO

  • 2021年9月17日

【女川ぐらし】写真展から生まれる、町民たちの会話

【福地 裕明】女川町内での写真展「女川ぐらし」開催から約半年が経とうとしています。まずは、この間、雑事にかまけて執筆してこなかったことについて深くお詫びします。 今更ながら写真展のことを書くのも何ですが、これについて記録しておかないと先に進めないので […]

  • 2021年8月25日

並んで泳ぐカルガモの親子 秋田・草生津川

【吉田博実】今年もカルガモの親子が姿を見せました。先導したり、後ろに回ったり。落ち着きのない子ガモたちを優しく見守る親鳥が印象的でした。好奇心旺盛な子ガモたちはやがて草生津川のにぎわいの主役になります。

  • 2021年8月18日

【動画】セミが羽化する瞬間に立ち会った 仙台

【撮影・文:阿部哲也】8月2日夜。仙台駅から歩いて10分、緑に囲まれた新寺二丁目蓮池公園から東に延びる新寺小路緑道を歩いていたら、セミが羽化する瞬間に出会いました。 散歩の途中、足元を動く小さな虫。よく見るとセミの幼虫でした。あちらこちら、同じ場所を […]

  • 2021年4月8日

満開の桜に野鳥もお花見 秋田

【吉田博実】秋田も桜の季節を迎えました。開花は4月4日で平年より14日も早く、秋田地方気象台は史上最も早い開花宣言を出しました。草生津川とその用水路は桜のトンネルで知られ、多くの人が頬をピンクに染めながら「花見」に繰り出しました。樹上ではカワラヒワ、 […]

  • 2021年3月31日

春の訪れ感じるツグミ 秋田市

【吉田博実】草生津川沿いでツグミの動きが活発です。冬鳥で、春にはシベリア方面へ帰ります。秋田では桜の季節の終わり(4月末)ごろまで観察できます。つかず離れず、頻繁に姿を見せ、ただ今ウォーキングコースの主役です。

  • 2021年3月7日

草生津川にも春の訪れ 秋田市

【吉田博実】いつになく厳しかった冬も緩み、草生津川沿いでもようやく「春」の始まりを感じることができます。降雪があっても雪景色は朝方だけ。ツグミやスズメが遊ぶネコヤナギも、桜のつぼみも大きく膨らんできました。白鳥や雁の北帰行編隊がラッシュ状態です。

  • 2021年2月8日

【女川ぐらし】単身赴任先の女川で、日常を撮り続ける

【福地 裕明】2017年7月、社命転勤で女川町ぐらしとなった。齢50過ぎての初の単身赴任だ。 東日本大震災の津波によって大きな被害を受けた女川町。しかし、復興に向けた取り組みはどの自治体よりも早かった。 震災前はさほど訪れたことのないまちだったけど、 […]

  • 2021年2月1日

野鳥たちが寒中のごあいさつ 秋田

【吉田博実】暴風雪、停電、ドカ雪―厳しい年明けとなった秋田市ですが、草生津川沿いの野鳥たちは元気です。オオバン、カンムリカイツブリは初めての遭遇でした。ほかにベニマシコ、ジョウビタキ、コゲラ、カワウ、カイツブリ、アトリ、ヒヨドリ。

  • 2020年12月19日

【写真と詩の連載】もうちょっと後で光って #11

久しぶりに来てくれたんだ。この前。懐かしい。とても。不安定。だけど。はっきり。やってきた。こうして書くのは勿体ないけれど。やっぱりこれは書いておかなきゃ、と思って。書いている。黄昏。突然。の突然。いなくなる。そして。なかなか。いつの間にか。歳を重ねて […]

>TOHOKU360とは?

TOHOKU360とは?

TOHOKU360は、東北のいまをみんなで伝える住民参加型ニュースサイトです。東北6県各地に住む住民たちが自分の住む地域からニュースを発掘し、全国へ、世界へと発信します。

CTR IMG