針山地獄の頂上まで遊歩道が続いているが、火山ガスの増加で通行止めになった(佐瀬雅行撮影)
針山地獄の頂上まで遊歩道が続いているが、火山ガスの増加で通行止めになった(佐瀬雅行撮影)

地獄に足を踏み入れる。標高約800㍍。案内板によると、川原毛には血の池地獄や針山地獄など136の地獄があり、近くには三途川も流れている。まずは正面に見える針山地獄を目指すが、「危険立入禁止」の看板とともに遊歩道は途中で閉鎖されていた。周辺の所々から有毒な火山ガスを含んだ水蒸気が噴き出し、噴気孔には黄色い硫黄の結晶が固まっている。仕方なく下りの道を選び、細かい石礫に足を取られながら歩き始めた。鼻をつく硫化水素の臭いと一面の白茶けた山肌。このまま無間地獄をさまよう悪夢を思い浮かべた。

次ページ:月面のクレーターに立ったような錯覚に




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です