東日本大震災の発生から5年7カ月。津波被害に加え、東京電力福島第一原子力発電所の事故で町内全域の避難が続く福島県浪江町でも実りの秋を迎えた。県内外から学生ボランティアを迎えての稲刈りは、つかの間のにぎわいをもたらし、住民を収穫の喜びで包んだ。そんな明るい話題の一方で、原発事故被災地の農業再生を巡る現状は依然として厳しい。【文・平間真太郎、写真・佐瀬雅行=福島県浪江町

学生らが稲刈りに汗、一般販売めざす

県内外からの大学生ボランティア50人が参加した稲刈り。初めは慣れない様子だったが、次第にコツを覚えて収穫作業は小一時間で終わった=10月10日、福島県浪江町酒田地区(佐瀬雅行撮影)
県内外からの大学生ボランティア50人が参加した稲刈り。初めは慣れない様子だったが、次第にコツを覚えて収穫作業は小一時間で終わった=10月10日、福島県浪江町酒田地区(佐瀬雅行撮影)

 3連休最終日の10日、浪江町酒田地区で震災後3回目の稲刈りが行われた。県内外5大学の学生ボランティア約50人が鎌を手に、黄金色の稲穂を刈り取り、丁寧に束ねてゆく。学生たちが稲刈りしたのは、農業再生のためコメの実証栽培をしている田んぼ1300平方メートル(約1・3反)。学生とほぼ同数の地元住民たちが集まり、学生らに鎌の使い方や刈り取った稲の束ね方などを手ほどきした。

 浪江町がことし実施した酒田地区でのコメの実証栽培は4カ所(計2・1ヘクタール)。作付けしたのはコシヒカリだ。町によると、昨年は1・3ヘクタールで実施し、収穫したコメ200袋(1袋30キログラム)はすべて食品衛生法で定める基準値(1キログラムあたり100ベクレル)を下回った。このうち、測定下限値(1キログラムあたり25ベクレル)未満の198袋を一般販売し、完売したという。ことしも全袋検査をした上で販売する予定だ。

次ページ:少ない農業者の帰還希望




One Comment

  1. 放射能は怖いという風評被害によってご苦労されている、福島のコメ作りの人たちにエールを送ります。先ほど開かれた、相馬での尊徳サミットでもその問題が出、福島のお米もいただきおいしくいただきました。放射能は100ミリシーベルト以下は健康にいいといわれます。被ばく線量が1ミリシーベルトという、事なかれ主義の基準が混乱を招いていると感じました。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です