秋田県南部に位置する湯沢市で、22日から24日まで若者と音楽の祭典「第4回湯沢ストリート村」が開催される。若者が流出し、過疎化が進むこの街で開かれる「若者のための若者の祭り」だ。この祭りは、昨年副市長がラップを歌う動画を公開し、話題を呼んだ。今年もパワーアップした「副市長ラップ」を公開した湯沢副市長と、主催者にこのイベントに賭ける思いを聞いた。(中野宏一・吉田かずなり)




俺は茨城生まれ、湯沢副市長。あばよ総務省」

 今月8日に公開されたPR動画「副市長ラップ2016『湯沢ストリートブラッ!! 改』」。動画冒頭で湯沢市の藤井延之副市長(34)が、湯沢特産の日本酒の瓶を持って登場する。オレンジの縁のサングラスを掛けて、ノリノリだ。昨年公開された「副市長ラップ」第1弾では、副市長執務室で「俺は茨城生まれ、湯沢副市長。あばよ総務省。イエッセッショー」とストリート系ファッションで熱唱していた。

次ページ:齊藤光善市長(70)も「湯沢弁ラップ」熱唱




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です