東北大学生起業家の祭典「東北大学ビジネスプランコテスト」がオンラインで12/19開催

PR

【PR記事】東北大学で起業を目指す学生がビジネス案を競う「東北大学ビジネスプランコンテストVol.4」が2020年12月19日(土)に開催されます。東北大学主催、仙台市・中小企業基盤整備機構などの共催で、新型コロナウイルス対策のため初の完全オンラインでの発表となります。

東北大学生がビジネスで羽ばたくための登竜門

コロナ禍にある今年、東北大学の起業文化をけん引する東北大学スタートアップガレージ(TUSG)が開講する起業向けゼミや”合宿”は、完全オンラインで実施されてきました。場所の制約がなくなるため、誰でもコンテストを観覧できます。

同大学部生・院生の応募者から、書類審査を通過したファイナリスト9組がビジネスプランを競い合います。ビジネスの最前線で活躍する起業家や投資家らが審査員を務めており、入賞者には事業化支援資金が贈られます。

今回の見どころは、TUSGによるゼロイチゼミ、アクセラゼミなどを通じて継続的にビジネスプランと向き合ってきた学生たちのアイデアの精度の高さ。仙台の起業ムーブメントを、自宅から感じてみてはいかがでしょうか。

イベント概要

東北大学ビジネスプランコンテストVol.4

2020 年12 月19日(土)13:30~

場所:オンライン開催

参加費:観覧無料

主催:国立大学法人東北大学(東北大学EDGE-Nextプログラム、TUSG)

共催:仙台市、中小企業基盤整備機構、東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社

観覧申し込みはこちら→https://tusg-bizcon-20201219.peatix.com/view

スケジュール

13:30~ 開会挨拶、審査員、審査基準発表、ファイナリスト紹介

13:50~ ファイナリストによるプレゼンテーション(5組)

15:00~ ファイナリスト によるプレゼンテーション(4組)

16:00~ オーディエンス投票

16:10~  前回優勝者ピッチ(安藤 日向氏、農学部2年)

16:20~ パネルディスカッション

17:00~ 審査結果発表・表彰式、閉会挨拶

ファイナリスト一覧

1.梅澤 幸太氏(歯学研究科修士1年) 
「歯磨きサポートAI」

2.織田 隆太郎氏(農学研究科修士2年) 
「収穫体験システム~生産者と消費者を繋ぐ~」

3.菊地 優斗氏(工学部1年)
「マイボトルが使いやすい、エコでスマートな社会を目指す」

4.葛野 諒氏(工学部4年) 
「いつでも高解像度な衛星データを使えるサービス」

5.小林 稜平氏(工学研究科修士1年) 
「超小型人工衛星による宇宙工場事業」

6.高橋 佑生氏(工学部4年) 
「メガネ型姿勢矯正IoTアプリケーションの研究開発及び販売事業」

7.陳唐 伊伊氏(国際文化研究科修士2年)
「外国人留学生向けの就職情報共有・交流するオンラインコミュニティ」

8.根本 一希氏(経済学部2年)
「ポスドクの知識と経験を活用した、段階的、直接的、包括的な最先端テクノロジーのイントロメディア」

9.余  仲恆氏(経済学研究科修士2年) 
「モバイルゲームにおけるプレースメントマーケティングのローカリゼーション」

昨年度優勝者ピッチ登壇者

安藤 日向 氏(農学部2年)

審査員

・審査委員長

東北大学 工学研究科 研究科長・工学部長・教授 長坂 徹也 氏

・審査員

東北大学 総長特別補佐、地域イノベーション研究センター長 藤本 雅彦 氏

株式会社MAKOTO 代表取締役 竹井 智宏 氏

東北大学ベンチャーパートナーズ投資部部長補佐 片桐 大輔 氏

株式会社キープレーヤーズ代表取締役 高野 秀敏 氏

株式会社54 代表取締役社長、プロトスター株式会社代表取締役COO 山口 豪志 氏

AZX 総合法律事務所パートナー/弁護士 菅原 稔 氏

株式会社Yazawa Ventures 代表取締役 矢澤 麻里子 氏

KDDI株式会社 理事 経営戦略本部 副本部長 松野 茂樹 氏

株式会社アルファドライブ 代表取締役社長 兼 CEO 麻生 要一 氏

パネルディスカッション登壇者

フラー株式会社 代表取締役会長 渋谷 修太 氏

SAgri株式会社 代表取締役グローバルCEO 坪井 俊輔 氏

Co-LABO MAKER 代表取締役 / 株式会社C&A 主任研究員 古谷 優貴 氏

Sponsored by MAKOTOキャピタル

*TOHOKU360への広告・プレスリリースの掲載をご希望の方はこちらのフォームよりお問い合わせ下さい。媒体資料などをお送りさせていただきます

>TOHOKU360とは?

TOHOKU360とは?

TOHOKU360は、東北のいまを東北に住むみんなの手で伝える、参加型の"ニュースプロジェクト"です。経験豊富なメディア出身者で構成される「編集者」と、東北6県の各地に住む住民の「通信員」とが力を合わせ、まだ知られていない価値あるニュースを一人一人が自分の足元から発掘し、全国へ、世界へと発信します。

CTR IMG