【11/2生配信】宮城のLGBT 今とこれから

「いづいっちゃんねる」は、ローカルニュースサイトTOHOKU360とサポセンが協働で行うインターネット配信番組です。毎回ひとつの社会課題をテーマに、仙台市を中心に県内で課題解決に取り組んでいる団体をゲストに、現場で活動する人たちの生の声をお届けします。「しっくりこない」「居心地が悪い」「モヤモヤする」など、社会のちょっと「いづい」ことにみんなで気づいて、解決に向けた小さな行動を起こすきっかけを見つけられる番組です。

第3回目の今回は、小野寺真さん(にじいろCANVAS)、内田有美さん(性と人権ネットワーク ESTO)をお招きし、宮城のLGBTやセクシュアルマイノリティの現状を伺い、これから目指すべきこと、などについてお話を伺います。

今回のテーマ

宮城のLGBT 今とこれから
2020年10月2日(土)19:00~(生配信)
TOHOKU360のYouTubeチャンネルからご覧いただけます
https://www.youtube.com/c/TOHOKU360

ゲスト

内田有美さん(性と人権ネットワーク ESTO)

セクシュアリティの尊重とジェンダーの平等をめざし活動をする「性と人権ネットワーク ESTO」に所属。“多様な性”への理解を広めるために交流会や講演会などを行っています。

東日本大震災後、被災とセクシュアルマイノリティに関する調査を実施。これをもとに、災害時の性の多様性に関する講演活動や、「多様な性を生きる人のための防災ガイドブック」の発行に携わっています。

小野寺真さん(にじいろCANVAS)

仙台でLGBTや性的マイノリティを身近に感じてもらうために「誰もが自分らしく暮らせる地域」を目指して活動。理容師として「ヘアーサロンウィング」の代表、理容師YouTuber を務めながら、「にじいろCANVAS」の共同代表として、イベントや講演、情報発信をしています。自身、女性から男性に性別を移行したトランスジェンダー。戸籍上も男性です。

現在、Webでは「宮城県でも制服を選べるようにしてください」という署名活動で賛同者を集めています。これをもとに、今後、行政への政策提言をしていきます。

インタビュアー

TOHOKU360 通信員 前川雅尚

1985年生まれ。宮城県仙台市出身。会社員として2社の企業を渡り歩き、異なる業界で企画、社員育成、採用から規則・制度設計まで人事業務の多岐に携わる。会社員時代に培ったスキルを活かし、2019年より東北のベンチャーや中小企業の人事支援を目的として事業「hito-koto」を立ち上げる。2020年に大手・東北企業の若手社員と共に「東北で楽しく働く仲間がいる」を執筆。生まれ育った東北のまだ知られていない魅力と働くひとを発信していきます。【hito-koto : https://www.hito-koto.com/】

主催

TOHOKU360
仙台市市民活動サポートセンター 

*TOHOKU360をフォローしよう
twitterinstagramfacebook

>TOHOKU360とは?

TOHOKU360とは?

TOHOKU360は、東北のいまを東北に住むみんなの手で伝える、参加型の"ニュースプロジェクト"です。経験豊富なメディア出身者で構成される「編集者」と、東北6県の各地に住む住民の「通信員」とが力を合わせ、まだ知られていない価値あるニュースを一人一人が自分の足元から発掘し、全国へ、世界へと発信します。

CTR IMG