10/27は宮城県議選!「ボートマッチ」を投票の参考に

台風19号で県内各地が大きな被害を受けた宮城県ですが、県の政策を決める大事な県議会議員59人を決める宮城県議選の投開票日が、10月27日(日)に迫っています。

立候補者と選挙公報

県内各選挙区の立候補者の氏名と選挙公報はこちらから見ることができます。

今回の宮城県議選には、23選挙区(定数59)で79人が立候補しています。石巻・牡鹿、塩釜、白石・刈田、角田・伊具、東松島、富谷・黒川、柴田、加美の8つの選挙区では定数以上の立候補がなく、立候補した16人の無投票当選が決まっています。

候補者との一致度が分かる!ボートマッチ

仙台で政治への関心を高めるさまざまな活動を展開しているNPO法人メディア―ジは前回の仙台市議選に続き、宮城県議選でも「ボートマッチ」を公開しました。以下のサイト上で簡単な質問に答えていくだけで、あなたと各候補者との意見の一致度が表示されます。各候補者の回答を一覧で読むこともできますので、誰に票を入れていいのかわからない、という方はぜひ候補者の政策や考えを知るために活用してみて下さい。

https://mediage.org/votematch/miya2019/
>TOHOKU360とは?

TOHOKU360とは?

TOHOKU360は、東北のいまを東北に住むみんなの手で伝える、参加型の"ニュースプロジェクト"です。経験豊富なメディア出身者で構成される「編集者」と、東北6県の各地に住む住民の「通信員」とが力を合わせ、まだ知られていない価値あるニュースを一人一人が自分の足元から発掘し、全国へ、世界へと発信します。

CTR IMG