快晴の仙台の海辺で、人生初の乗馬体験をしてきた!

PR

【PR記事】「若栁さん、乗馬やってみません?」。自粛続きで外出したい気持ちが高まっていた6月のとある日。そんな一声がきっかけで、人生初の乗馬に挑戦することになりました。

もともとデスクワークで運動不足気味。通勤で歩くことは多少あったものの、この期間はその通勤さえも激減して、確実に運動不足。コロナ太り…までは行かなくても、歩いていないなぁ、運動できていないなぁという思いもあって、仙台の中心地から車で約30分、仙台市若林区の沿岸部にある海岸公園馬術場に二つ返事で行ってきました。

記事の最後にTOHOKU360限定のお得な割引情報が!

不安を抱えつつ、海辺の馬術場へ

人生で初めての乗馬経験。馬ってどれくらい大きいんだろう?私の身長(148cm)でも乗りこなせるのかな?怖くないのかな?体力持つかな…色々な思いを抱えつつ、車で馬術場へ向かいます。

梅雨入り前の晴れ間、程よく風も吹いている、天気のよい海辺。久しぶりの屋外活動、本当にのびのびしました。

職員の細川さんに出迎えていただきました
職員の細川さんに出迎えていただきました

震災から7年4カ月を経て再始動した馬術場

海岸公園馬術場は仙台市若林区の海岸公園にあり、全国35ヶ所に拠点を持つ乗馬クラブクレインが指定管理者として運営しています。海から程近く、東日本大震災で被災。海岸公園として整備された後、7年4カ月の時を経て再スタートしました。津波の中を泳いで生き残った馬たちもたくさんいます。

コロナ感染症対策もばっちり。検温+アルコール消毒、ソーシャルディスタンス。ちょうど馬1頭分(2m)を開けましょう、という馬術場ならではの可愛らしいポスターもありました。

手ぶらで行って乗馬ができる

さっそく、ヘルメットやブーツ、エアバッグベストを装着。馬具一式は現地でレンタルできるので、ほぼ手ぶらで行って大丈夫なのがうれしいところです。(手袋か軍手だけ準備があるとよいとのこと)

なかなかごつごつしたベストですが、万が一落馬した時にはこのベストにエアーが入り、衝撃を和らげるためのもの。安心して初めての乗馬に臨めます。

装着できたら、快晴の屋外へ出ていよいよ馬と初対面!今回は多くの馬の中から「はじめての乗馬は私にお任せください」というキャッチコピーの【キャンディ】に乗りました。穏やかで物怖じしない性格で、とてもかわいい。

待機場から乗馬エリアまで、一緒に歩いて行きます。足を踏まれないように、手綱を引いて先を歩きます。まだお互い探り探りなので、ちょっと強めに手綱を引いて「こっちへ行くよ〜」という感じに誘導します。

いざ、乗馬!

スポーツ、というと、身長や年齢が気になるところですが、乗馬は一切そういうものが関係なく、老若男女楽しめるアクティビティ。身長148cmの私でも、乗馬する時のコツを教えてもらったら、すっと乗れました。

背に乗った印象。風が気持ちいい。見える景色が全然違う。あんな細い足で人間一人の体重を支えられるのすごい。長い防波堤の向こうに海が見える。空ってこんなに広かったっけ。

進んでほしい時は足(かかと)で横腹をとんとんと蹴る。蹴る加減がわからなくて、恐る恐る蹴っても、伝わらない。進んでくれない。止まる、は手綱を引く。指示通りに動いてくれた時は「ありがとう」の気持ちで首をぽんぽん、と叩いて感謝を表す。自然と乗っているうちに「ありがとう」と声が出る。

進む・止まる・90度曲がる…時々細川さんからアドバイスをもらいながら、20分間、キャンディと一緒に運動させてもらいました。

あっという間の20分を終えて

体験のあとは、ブラッシングで「ありがとう」を伝えます。この後、キャンディが顔をすりすりしてくれました。ほんの20分なのに、キャンディと仲良くなれた気がします。

正直、【乗馬】や【馬術】と聞くとハードルが高い印象でしたが、馬具は一式レンタルできるので、他のスポーツと大差ありません。また、「乗馬はちょっと…」という方でも、えさやり体験や見学は予約なしでもできるので、お散歩がてら立ち寄って眺めているのもよさそうです。

(乗馬後はすっかり仲良しに)

馬術場に来る方は小学生から70代の方までととても幅広く、体験乗馬には乗馬経験のない方がお一人で申し込まれることも多いとのこと。もし天候があまりよくなくても、屋根のあるスペースで乗馬体験ができるので安心ですよ。

仕事の気分転換と運動不足解消にぴったり

PCや書類に向かっていると頭ばかりが疲れてしまいますが、ほどよい体の疲れも必要。乗馬は、手綱を持つ・鎧(あぶみ・両脇の足をかけるところ)にしっかり足を乗せる・馬上では姿勢を保つ…と、全身をバランスよく使う運動のようで、ああ、運動したなぁ、という爽快感がありました。

一人で黙々と筋トレやストレッチをやるのもいいですが、思い切って場所を変え、普段とは違う活動で体を動かすことで、いい気分転換になるな、と思いました。今後、土曜の午前中に乗馬レッスンを入れれば、土曜1日を有意義に使えて生活サイクルも安定するし、ほどよく運動もできる!それか、平日の数時間を活用して運動して気分転換すると、その後の仕事や家事も捗りそうだな、と思いました。

TOHOKU360では今後も乗馬初心者の記者が継続して乗馬に挑戦!果たして一年間の乗馬でどこまでうまくなるのか?そして「乗馬のある生活」って、どんな感じ?ご期待下さい。

【記事を読んでくれた方限定のお得な割引のお知らせ】

仙台海岸公園馬術場では、体験乗馬の予約時に「TOHOKU360を見た」と伝えていただくと、なんと「乗馬レッスン」が通常「30分5,710円(税込)」から「20分1,860円(税込)」になるというとてもお得なキャンペーンを実施中です(※お一人様一回限り、小学生〜75歳まで。未成年の方は親権者同伴となります)。

体験乗馬は https://www.kaigankoen-bajyutsu.jp/contactssl2.html のフォームから申し込みができます。

>TOHOKU360とは?

TOHOKU360とは?

TOHOKU360は、東北のいまを東北に住むみんなの手で伝える、参加型の"ニュースプロジェクト"です。経験豊富なメディア出身者で構成される「編集者」と、東北6県の各地に住む住民の「通信員」とが力を合わせ、まだ知られていない価値あるニュースを一人一人が自分の足元から発掘し、全国へ、世界へと発信します。

CTR IMG