将来の宮城旅行がお得になる「みやぎお宿エール券」で宿泊施設を応援

安藤歩美=仙台市】新型コロナウイルスの影響で宿泊施設が大きな打撃を受ける中、宮城県内のホテルや旅館でつくる「みやぎおかみ会」は5月21日から、今年7月以降に宿泊施設で使えるお得な利用券「みやぎお宿エール券」の販売をスタートする。同会の企画担当者は「お客さんがゆくゆくは旅行したい、と思ったときに宿泊施設がない、という状況にはしたくない」と、厳しい状況が続くなか新たな企画に挑戦する思いを語る。

「みやぎお宿エール券」は、1万円の購入で1万3千円分のサービスが受けられるお得な利用券。5月21日〜6月5日まで販売し、対象となる県内17のホテル・旅館で今年7月1日〜12月29日までの期間、宿泊代や日帰り入浴、館内での飲食代などに使うことができるという。利用対象サービスは宿泊施設によって異なる。

(みやぎお宿エール券のサンプル)

新型コロナウイルスの影響を受け、県内の旅館やホテルでも今年2月以降宿泊者のキャンセルが続き、休業要請が解除されても新たな予約が入らないなど苦しい状況が続く。みやぎお宿エール券企画事務局の伊藤俊さん(南三陸ホテル観洋)は「宿泊施設は休業中も大きな固定費がかかり、なんとか今の状況を乗り切って施設を継続させるためには現金が必要。公的な補助は下りたとしてもかなり先になることが予想され、民間の力で手探りでできることを考えてきた」と胸中を明かす。

(みやぎおかみ会提供写真)

さまざまな施策を検討する中で、将来使える「3割増」のお得な券を発行することにした背景には、宿の現状を心配してくれているお客さんに感謝の気持ちと明るい話題を届けたいという思いがあったという。「日々暗い話題が多い中で、この券でどこに行こうか、と明るい話題を話すきっかけにもしてほしい」と、伊藤さん。「落ち着いたころ、お客さんがゆくゆくは旅行したい、と思ってくれたときに宿泊施設がない、というようなことがないようにしたい。みなさんとまた普通にお会いできるよう、直接足を運べる場所として宿泊施設を守っていければと思います」と力を込めた。

(みやぎおかみ会提供写真)

「みやぎお宿エール券」は以下の17施設で5月21日〜6月5日に販売を受付け、購入した宿泊施設で利用することができる。詳細は「みやぎお宿エール券」HP(https://peraichi.com/landing_pages/view/miyagiokami)へ。

【遠刈田・青根地区】山景の宿 流辿/旬菜湯宿 大忠 
【白石地区】ホテル いづみや
【秋保・作並地区】ホテル華乃湯/鷹泉閣 岩松旅館 
【塩釜・松島・石巻地区】旅館 麻屋/ホテル松島 大観荘/花ごころの湯 新富亭/ホテル ニューさか井
【鳴子地区】名湯の宿 鳴子ホテル/旅館 大沼 
【気仙沼・南三陸地区】気仙沼セントラルホテル松軒/サンマリン気仙沼ホテル観洋/気仙沼プラザホテル/はまなす海洋館/ニュー泊崎荘/南三陸ホテル観洋

TOHOKU360をフォローしよう!
twitterinstagramfacebook

>TOHOKU360とは?

TOHOKU360とは?

TOHOKU360は、東北のいまを東北に住むみんなの手で伝える、参加型の"ニュースプロジェクト"です。経験豊富なメディア出身者で構成される「編集者」と、東北6県の各地に住む住民の「通信員」とが力を合わせ、まだ知られていない価値あるニュースを一人一人が自分の足元から発掘し、全国へ、世界へと発信します。

CTR IMG