【東北異景】宮城の戦争遺跡(下)特攻基地(東松島市)

大鮫も東日本大震災の津波に襲われたが、錆に覆われた台車は流されずに残っていた(佐瀬雅行撮影)
大鮫も東日本大震災の津波に襲われたが、錆に覆われた台車は流されずに残っていた(佐瀬雅行撮影)
東側の崖に残る格納壕。震洋を保管するために幅2〜3㍍、高さ1.5〜2.5㍍、奥行き10〜20㍍の横穴が掘られた(佐瀬雅行撮影)
東側の崖に残る格納壕。震洋を保管するために幅2〜3㍍、高さ1.5〜2.5㍍、奥行き10〜20㍍の横穴が掘られた(佐瀬雅行撮影)

次ページ:震洋が出撃する前に、戦争は終わった




>TOHOKU360とは?

TOHOKU360とは?

TOHOKU360は、東北のいまを東北に住むみんなの手で伝える、参加型の"ニュースプロジェクト"です。経験豊富なメディア出身者で構成される「編集者」と、東北6県の各地に住む住民の「通信員」とが力を合わせ、まだ知られていない価値あるニュースを一人一人が自分の足元から発掘し、全国へ、世界へと発信します。

CTR IMG