文・写真/相沢由介通信員=仙台市】夏のある日、山深い田舎の旧家で、やり場のない気持ちを相手の体にぶつけるように激しく交わる男と女。家の外では、障害を持つ女の弟が、閉じられた井戸の蓋を力任せにこじ開けようとしていた・・・。

7月22日、『せんだい演劇工房10-BOX』で、京都を拠点に活動する劇団『烏丸ストロークロック』による演劇短編、『まほろばの景』が上演された。在仙の俳優を迎えて、地域の枠をこえた試みとして創作された同劇。作中で登場する井戸は、被災地で聞き取りを続けてきた『せんだい3.11メモリアル交流館』の田澤紘子さんの話から着想を得た。

「瓦礫の中から見つけた自宅の井戸を見つめて『なんか夢みたいだな』と、あるおじいさんが言ったらしいのですが、それを聞いてどう捉えていいかわからなかったんです」と、作・演出の柳沼昭徳さん。

仙台で震災をモチーフとして扱うことに怖さもあった。一週間という短い期間での創作。台本が完成したのは上演前日の夜だった。

「臆していると何も語り合えなくなる」

役者と演出家、徹夜で続いた稽古。繊細なディテールを積み重ねる先に掴めない何かを掴もうとする。もっともっと、井戸の奥に手をのばすように、もっともっと、・・・もっと。

物語のクライマックス、井戸をこじ開けた弟は、その奥底、水面のきらめきの中に神楽の面を見出す。
どんどんどん、からかっか、どどんどどん、からかっかっ・・・、どんどんどん、からかっか、どどんどどん、からかっかっ・・・・・・

劇団の被災地取材に協力したメモリアル交流館の田澤さんは、劇の鑑賞後、言葉をつまらせハンカチで目を押さえた。
「昨日お話をうかがったお年寄りが『昔はよかった』とおっしゃっていて。じゃあその方の今ってどういうものなんだろうって・・・」

被災地の現実を目の当たりにしてきた田澤さん、言葉にならない思いが物語に重なった。

言葉が唇を伝うとき、取りこぼしてしまう思いの多さゆえ人は、歌い、踊り、描かねばならない。物語が終わって舞台上に残ったのは、淡い淡い救いの予感。 割り切れない現実を前に希望を語る言葉を失っても、何かを創造し、表現することによって私たちは、手をのばすことができるのだ。井戸の奥のまほろばへと。




360ネットワークニュース一覧360°VR動画ニュース記事一覧



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です