特集
CATEGORY

特集

  • 2019年12月16日

【東北流行語大賞2019】大賞発表!

TOHOKU360では2019年11月、twitter上で今年の「東北流行語大賞」の候補ワードを募集しました。編集部では皆様からのたくさんのご応募の中から、11月23日に仙台市で開かれた「仙台メディアフェスティバル」での来場者投票の上位ワードを中心に […]

  • 2019年12月10日

豪雨水害の被災地・丸森町のシンボル「猫神」が無事救出される

【寺島英弥=宮城県丸森町】10月12日の台風19号の豪雨水害に遭った宮城県丸森町の被災地の状況を、先月12日の「TOHOKU360」でお伝えしました。8年前の津波被災地の光景を思い起こさせたのが、同町中島地区です。五福谷川と内川からの大水は深さ1・5 […]

  • 2019年12月2日

【東北流行語大賞2019】決戦投票開始!

TOHOKU360では2019年11月、twitter上で今年の「東北流行語大賞」の候補ワードを募集しました。編集部では皆様からのたくさんのご応募の中から、11月23日に仙台市で開かれた「仙台メディアフェスティバル」での来場者投票の上位ワードを中心に […]

  • 2019年11月15日

【東北流行語大賞2019】ノミネート語募集!

2017年にTOHOKU360が主催した仙台メディアフェスティバルから生まれた来場者参加型企画「勝手に!仙台流行語大賞」、そして範囲を東北に拡大して2018年に開催した「東北流行語大賞」に続き、今年もTOHOKU360は勝手に「東北流行語大賞」を読者 […]

  • 2019年11月12日

台風19号から一カ月 寒さ忍び寄る宮城県丸森町で続く苦闘

10月12日夜、東北地方を広く襲った台風19号の豪雨水害から1カ月。被災当時、阿武隈川河畔の街が丸ごと水没したような惨状となった宮城県南部の丸森町を11月10日、東北工業大教授の大沼正寛さんと訪ねた。(文・写真 寺島英弥) 大木や土砂の山が積もる五福 […]

  • 2019年10月28日

台風19号からわずか2週間後の「二重被災」に悲鳴 福島県相馬市

25日から26日未明に降った大雨で、台風19号の被災地ではわずか2週間後に再び水害に襲われ被害が拡大する「二重被災」が起きています。福島県相馬市出身で元河北新報編集委員のローカルジャーナリスト・寺島英弥さんが、二度の大きな水害を受けた故郷・相馬市の人 […]

  • 2019年10月24日

10/27は宮城県議選!「ボートマッチ」を投票の参考に

台風19号で県内各地が大きな被害を受けた宮城県ですが、県の政策を決める大事な県議会議員59人を決める宮城県議選の投開票日が、10月27日(日)に迫っています。 立候補者と選挙公報 県内各選挙区の立候補者の氏名と選挙公報はこちらから見ることができます。 […]

  • 2019年10月23日

【台風19号】土地や河川へのダメージが今後の農業に影響 宮城県色麻町

日本中で猛威を振るった台風19号。東北の各地にも様々な影響を与えている。宮城県の色麻町(しかまちょう)では、ライフラインへの影響は少なかったものの、農作物への被害が目立っているという。色麻で食用の牛を飼育している牛農家、橋本拓未さんに台風の影響につい […]

  • 2019年10月21日

台風19号上陸から一週間、福島県相馬市で続く泥との苦闘

台風19号の上陸から一週間以上が過ぎましたが、被災地では住民が家屋の浸水や土砂流入などの片付けに追われ、復旧には人手を要しています。福島県相馬市出身のローカルジャーナリスト・寺島英弥さんが、苦闘する故郷・相馬市の13日から19日までの状況を報告します […]

>TOHOKU360とは?

TOHOKU360とは?

TOHOKU360は、東北のいまを東北に住むみんなの手で伝える、参加型の"ニュースプロジェクト"です。経験豊富なメディア出身者で構成される「編集者」と、東北6県の各地に住む住民の「通信員」とが力を合わせ、まだ知られていない価値あるニュースを一人一人が自分の足元から発掘し、全国へ、世界へと発信します。

CTR IMG