地元大学生が東北の企業を紹介する就活ガイドブックが完成

就職活動を終えた仙台の大学生が地元大学生に向けて東北の企業を紹介する就活ガイドブックが、2020年1月8日に発売される。仙台市を中心に宮城県各地の書店で販売される予定で、ガイドブック制作の学生リーダーを務める五十嵐旬さんは「この本をきっかけにして、就活生に東北の魅力ある企業を知ってもらえたら」と話す。

学生たちが作った就活ガイドブック「D’companies Tohoku」は、約100ページにわたり仙台を中心とした東北の地元企業28社を特集。自分たちの就活体験記や自己分析シート、東北の若手起業家の対談など、就活生に役立つ情報も盛り込んでいる。就活を終えた仙台の大学4年生が、企画から取材や執筆、デザイン、広告や書店営業の全ての過程をこなし、約5カ月の期間をかけて完成した。

制作したのは広島市に本社を置く出版社・ザメディアジョンの仙台支店でインターンをする大学生15人。リーダーの五十嵐さんは「東北には魅力的な企業がたくさんあるのにそれを知らないまま知名度の高い大企業を目指す就活生が多く、もったいないと感じていた」と話す。就活を終えた学生の視点から「就活生のキャリア選択の幅を広げたい」と、東北の企業の魅力を学生の視点から発信する就活ガイドブックを発案した。

五十嵐さんは「学生がもっと地元の企業を知ることで自分に本当に合った就職先を見つけることができたら幸せだし、地元企業にとっても成長にもつながると思う。この本が広まることがその一つのきっかけになれば」と期待を込める。

ガイドブック制作の学生リーダーを務める五十嵐旬さん

「D’companies Tohoku」は税抜500円。1月8日から仙台市を中心に宮城県各地の書店で販売される。

>TOHOKU360とは?

TOHOKU360とは?

TOHOKU360は、東北のいまを東北に住むみんなの手で伝える、参加型の"ニュースプロジェクト"です。経験豊富なメディア出身者で構成される「編集者」と、東北6県の各地に住む住民の「通信員」とが力を合わせ、まだ知られていない価値あるニュースを一人一人が自分の足元から発掘し、全国へ、世界へと発信します。

CTR IMG